ここから本文です

「Twitterが死ぬ日に備えて」ドワンゴのマストドン開発者インタビュー

4/30(日) 0:34配信

KAI-YOU.net

大きな注目を浴びている分散型SNS「Mastodon」(マストドン)。

ニコニコ動画/ドワンゴもインスタンス「friends.nico」を立ち上げ、「ニコニコ超会議2017」でも「マストドン」ブースが登場しました。

【注目の最先端SNSマストドン】

ブースには、最初の日本人向けインスタンス「mstdn.jp」を開発したぬるかるさんや、「friends.nico」に携わるドワンゴ社員のmasarakkiさん、ezoeさんの姿も。

せっかくなので、話題のSNS「マストドン」の開発秘話や、今後の役割について突撃インタビューを敢行。

マストドン、日本上陸

──ぬるかるさんが「マストドン」に注目した理由はなんだったんですか?

ぬるかる ASCII.jp(外部リンク)の記事を読んだことがきっかけです。でも、最初は「マストドン」に対して、あまりポジティブな印象をもっていなかったんです。

「GNU social」っていう類似のサービスがあって……でも「マストドン」って名前に惹かれて、深く調べてみたら「GNU social」と互換性があったり。面白そうだったのでサーバーを設置してみたんですよ。

──「マストドン」を運営していくなかで印象が変化していったのでしょうか。

ぬるかる  自分の立てたインスタンスですけど、コミュニティの人数、誰がいるかといった要素が変わっていくと、投稿の内容も変わっていくんだなと、観測しながら思いましたね。

色々なインスタンスの中にアカウントをつくってみると、そのローカルタイムラインごとの違いも感られて。

pixivさんの「pawoo.net」にもドワンゴの「friends.nico」にも、そのコミュニティの味がありますし。

ドワンゴが立ち上げた「friends.nico」

──「friends.nico」は、企業によるインスタンスのなかでも、とても迅速に、かつ活発に動いてる印象です。インスタンス立ち上げのきっかけは?

masarakki 4月15日(土)に「pawoo.net」が遮断されたじゃないですか。この事態を放置しておくと、日本の「マストドン」ユーザーがすべてpixivに取られると思ったんですよ。

イラストレーターの人たちが「pawoo.net」に行くのはしょうがないけれど、動画をやってる人たちまで「pawoo.net」にアカウントをつくってしまったら、もう打つ手がない。だから「やらないといけない!」とわめき出して。

すると、言い出しっぺの法則ですよね、「お前がやれよ」という話になりまして(笑)。その時の川上(量生)さんは「え~~、やるの~~?」とあまり乗り気じゃない様子だったんですけれど、次の日起きたら「やることになった」って。

だから日曜日から開発を進めていたんです。そしたら、月曜日に出社したら「まだできないの?」と言われて。営業日は1秒もないはずなのに(笑)!

とはいえ、その時点でコードはほとんど完成していたんですよ。でも、ドメインの取得とサーバーの構成で時間がかかってしまったりして……結果的に19日(水)にリリースができました。

1/3ページ

最終更新:4/30(日) 0:34
KAI-YOU.net