ここから本文です

「肝臓にいい」サプリメントやドリンク剤を飲めば、本当に二日酔いは防げる?

4/30(日) 12:01配信

OurAge

休日が続くと、日中からゆっくりとお酒を飲んで過ごす人も多いはず。そんなとき、肝臓にいいといわれるサプリメントやドリンク剤を、事前に飲んで備えておこう、と思ったりするかもしれない。しかし、本当に効果があるのだろうか?

「『二日酔いを予防』『肝臓をサポート』といった、うたい文句のサプリメントやドリンク剤はたくさんありますね。しかし、残念ながら科学的根拠が証明されているものはほとんどありません」と言うのは、根来秀行教授だ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授と、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたっている。

「サプリメントやドリンク剤には有効成分を体に届けるために、つなぎや保存のための成分が含まれており、それは肝臓で分別され老廃物として排泄されます。その部分を捨てる際に、肝臓に負荷をかけているという認識を持って、成分をよく吟味したほうがいいですね」

安易にサプリメントに頼る前に、まずは肝臓がしっかり働ける生活スタイルを目指すこと。そのうえで会食が続いたり、睡眠不足が続いたりしたときに補助的に利用するのがベター、と根来教授。

「それに、自然界にある食材のほうが保存料も入っておらず、吸収を補助する栄養素が含まれているので効率よく有効成分を吸収できますよ。魚介類には、肝機能を高める有効成分ビタミンB2、タウリン、オルニチン、鉄や亜鉛などの微量元素が豊富に含まれています。お酒を飲むときに一緒にとるといいですね」

また、薬を服用時の飲酒は、肝臓にWのダメージを与えるので控えるべき、と根来教授は指摘する。

「薬は人工的なものなので代謝過程で肝臓の負担になります。たとえば風邪薬は炎症を抑えて症状を緩和しますが、肝臓や消化器系には負担となりダメージを与えることも。メリット、デメリットを天秤にかけて、普段から安易に薬に頼らないことも大切です。

とくに肝機能検査でGOTやGPTの値が高いと指摘された人は、肝機能障害を起こしやすい傾向にあるので、必ず医師に相談のうえ服薬してください」

最終更新:4/30(日) 12:01
OurAge