ここから本文です

ルペンとトランプは似て非なるもの

4/30(日) 12:10配信

Wedge

 アルセーヌ・ルパンは日本でも有名だ。今回のフランス大統領選挙で、ルペンの名前が日本で報じられることも多くなってきた。本当を言うと泥棒の方はルパンではなくリュパンなのだ。女優ジーン・セバーグのように間違えの発音が有名になって直すことができないのだろう。ピンクパンサーに出てくる警部の従者でアジア人の青年はケイトウと呼ばれているが、加藤のことだろう。したがって、お相子といえる。

 マリーヌ・ルペンの父、ジャンマリ・ルペンも2002年の大統領選挙で決戦に残ったことから注目はされたが、1980年代から際物の問題児として現地では有名であった。日本にまでは名前が通っていない時代が続いていたが、反ユダヤ発言でのお騒がせやら、女性スキャンダルが流れるなどフランスでは笑いものでもあり、アパートに爆弾まで投げ込まれたこともある。その爆弾が破裂したとき、マリーヌ・ルペンがお部屋にいたとのことで、彼女は怖い目にあっている。

 ところで、昨年来トランプの肉声がテレビで流れるようになったとき、どこかで聞き覚えがあると感じた。あの物言いも聞いたことがあると思ったが、ルペンのお父さんであった。この二人はそっくりな濁声で、話の展開も似ている。

 日本での報道はあまりないが、ルペン父はインドシナ戦争の元志願兵で、軍歌をカセットにして売り出して、かなりの財産を作ったと聞いている。また、フランスのゴシップ写真誌に女性とバスタブにいる写真が掲載されたこともある。遠い昔であり、重要性もないことで、記憶も定かではないが、80年代の終わりだろう。

 そんな、泡沫候補だった父を破門し、国民から3割もの支持を受ける立派な政党の党首として出てきたのがマリーヌ・ルペンだ。

 マクロンと共に第一回の勝利者として勝利宣言を聞いたが、マクロンより遙かにクリアーなメッセージを発していた。生まれ持ったスピーカーとしての才能を感じてしまう。逆にマクロンは初々しさがあり好感を持った人も多いと思う。しかし初々しさでは国は経営できないだろう。
ところで、世話になった老人を追い出して地位を得た人がドイツにもいる。メルケルは、どうにもならないヘルムート・コールを放逐し現在の地位を得ている。元はコールの秘蔵っ子であったが、サッチャーからあれほどのバカは見たことがないといわれるだけあって、脇が甘い。そんなコールを見限り首相の座に就いたのがアンジェラ・メルケルだ。

 際物であったFN(国民戦線)を立派な政党にし、二人とはいえ国会議員も送りだし、大選挙区制の欧州議会では一大勢力を築いたのは、マリーヌ・ルペンの功績かもしれない。

 何度も論戦を聴いたが、圧倒的な迫力と頭の回転の速さでは当代随一であろう。最終決戦では、マクロンに敗れることになると想定されるが、6月の国政選挙である国民議会選挙では、現在の2名からかなり議席を伸ばす気がする。彼女も今回で大統領になるとは考えていないと思われる。その場合、全く国政選挙の準備ができていないマクロンが大統領になったとしても、新大統領にとって議会という内政の場では、FNは手ごわい相手となろう。

 マクロンの政党は、日本でいえば細川・日本新党のようにも見える。かりにそうであれば、その行く末は平たんではない。その手の話で、成功例はないことはない。そもそも、フランソワ・ミッテランは労働運動の闘士ではない。ビシー政権の役人であり、戦後早い時期に内務大臣まで勤めている。アルジェリア問題では、かなり厳しい対応をし、さらに謎めいた事実もあるようだ。その後、フランス社会党と共産党の上に乗り、不都合な部分を切り出してしまった。

 マクロンも勝ち馬に乗りたい政治家を操りながら、同様な手を打てば内政でもグリップを握ることができることであろう。

1/2ページ

最終更新:4/30(日) 12:10
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年9月号
8月19日発売

定価500円(税込)

■特集  捨てられる土地
・所有者不明だらけの日本国土
・所有者不明土地が招く空き家問題
・登記義務化と利用権制限 次世代のための制度改革を