ここから本文です

なぜカーネル・サンダースはカーネルなのか?

4/30(日) 0:21配信

エスクァイア

遅咲きの成功者10名、カーネル・サンダース

“Colonel Sanders”Harland David Sanders

 ケンタッキーフライドチキン(KFC)の生みの親である、「カーネル・サンダース」。実は本名は違います。本名はハーランド・サンダース。

【ジョン・ハムから遅咲きのサクセスストーリー10の画像を見る】

 まずは名前の話からいきましょう。彼が「カーネル」と呼ばれ始めたのは、1935年以降になります。「カーネル(Colonel)」とは軍事用語で「大佐」を意味する言葉ですが、ここでは軍事的な「大佐」という意味で使用しているのではありません。彼は故郷であるケンタッキー州に貢献した人として、1935年に「ケンタッキー・カーネル」という名誉称号が贈られたことに始まります。以来、その呼び名で親しまれてきたようです。
 
 では、彼はどうケンタッキー州に貢献したのか?も知りたいですよね。でも、それは簡単です。彼は何で成功したかを思えばいいいのです。

 彼は40代まで、ガソリンスタンドの経営に奔走していました。そこで打開策のひとつとして、そのスタンドの一角に「サンダース・カフェ」を構えたのでした。 
 
 そして、そこで食事を提供することを試みたのです。あとは皆さんもご存知の通り、彼はアメリカンドリームを絵に描いたように成長していったのです。
 
 彼のフライドチキンは、いくつかの試練に遭遇しながらも非常に人気を博し、60年代にはフランチャイズ化をスタートさせたのです。そして、「ケンタッキー」という州の名称を世界的な言葉にしたのです。

 やがて70年代中頃、彼は同店を売却し、大金を獲得したのでした。ビジネス的センスにも長けていたようですね。

Esquire Japan

最終更新:4/30(日) 0:21
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

Yahoo!ニュースからのお知らせ