ここから本文です

サラリーマンの街・新橋の「色」は意外なほど爽やかだった!

4/30(日) 17:00配信

オトナンサー

 世の中に数多く存在する「色」。そのネーミングは実にさまざまですが、思わず「どんな色」と聞きたくなってしまう、珍しい色について、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに聞きました。

新橋花柳界で愛された「新橋色」

【新橋色】

 新橋は、東京の新橋のことです。現在では、「サラリーマンの街」としても有名ですが、明治~昭和中期には「芸者の街」として知られていました。

 その新橋花柳界の芸者の間で、大正5年当時、ハイカラな色として愛されていたのが、明るく鮮やかな緑みの青色でした。それが一般にもハイカラな色として広まり、「新橋色」と呼ばれて流行しました。

 この新橋色は現在、ゆりかもめの新橋駅のテーマカラーに採用されています。

【団十郎茶】

 歌舞伎役者・市川團十郎(いちかわ・だんじゅうろう)が代々まとう「素襖(すおう)」の色に由来する、赤みの薄い茶色のことです。

 江戸時代にインドから輸入された顔料「弁柄(ベンガラ)」と柿渋で染めたことから、「柿渋色」「柿色」とも言われます。現在でも、襲名披露などの場に、團十郎はじめ市川家一門がこの色の裃(かみしも)をつけて登場することでも知られています。

【憲法色】

 戦国から江戸にかけての剣術家・吉岡憲法が広めたと伝わることに由来します。赤みを帯びた濃い茶色が特徴。藍色で下染めをした後、ヤマモモの樹皮で染めて作られたとされ、江戸時代を通じて人気の高い色だったそうです。

オトナンサー編集部

最終更新:4/30(日) 17:00
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ