ここから本文です

ありえないほど可愛いおみくじ!千駄ヶ谷『鳩森八幡神社』の「鳩みくじ」

4/30(日) 19:10配信

サライ.jp

文・写真/MARIKO

あっという間に春も盛りとなり、出掛けるのが楽しい季節となりました。

そんな春の陽気に誘われて今回参拝したのは千駄ヶ谷の鳩森八幡神社。

いわゆる八幡神社、「八幡さん」は大分県の宇佐神宮を総本宮とし、京都の石清水八幡宮や鎌倉の鶴岡八幡宮などのようにほぼ全国的に四万社あまりのお社が存在している武門の神様として有名です。

こちらの鳩森八幡神社のご祭神は応神天皇・神功皇后。

大昔、この土地の林の中にめでたいことが起こる兆しとして現れる瑞雲(ずいうん)が度々現れ、青空から白雲が降りてきたのを不思議に思った村人が林に入っていくと、突然多くの白鳩が西に向かって飛び去ったそうです。このことから神様をお祀りする小さな祠を造り、鳩森(はとのもり)と名付けたのだとか。

貞観2年(860年)、円仁(慈覚大師)が関東を巡っていた際に、鳩森の御神体を求める村人の願いによって応神天皇・神功皇后をお祀りし、今の鳩森八幡神社となりました。

それでは早速境内を散策致しましょう。

千駄ヶ谷の中心にありながら、境内は広々としていて緑豊か。訪れた日は桜を楽しむこともできました。

こちらは寛政元年(1789年)に造られた、都内最古の富士塚があることでも有名です。

富士塚とは富士山に見立てて造られた塚のことで、江戸時代に富士信仰が盛んになった際、富士山登拝と同じご利益を得られるとして江戸で多く造られました。

頂上には富士山の溶岩が配され、実際の富士山頂に鎮座する富士山本宮浅間大社・奥宮なども再現されていてまさしくプチ富士山。

富士登山は未経験なのですが、登ってみると境内が見渡せてなかなかの絶景です!

美しい桜や緑、富士塚からの眺めをプレゼントしてくださった鳩森八幡神社の神様にしっかり参拝をすませたら……いよいよ今回のおみくじ、鳩森の鳩にちなんだ「鳩みくじ」です!

たくさんの鳩さんの視線を感じながら、いざ引いてみましょう!

なんとおみくじ自体が鳩さんの形なのです!このキュートな見た目、思わずじぃっと見つめてしまいます。

さあ、いざおみくじを開いて、神様のお言葉を伺いましょう!

出ました「吉」! そして鳩さんからありがたいお言葉が。

「順調なとき。新しいことに挑戦する良い時期です。迷っていることがあれば思い切って実践しても大丈夫。運気があなたの味方をしています。人からの誘いにカギがありそう。」

何かと変化が多いこの季節、背中を押してくれるようなメッセージをいただきました! うーん、実は挑戦したいことがたくさんあるのでこれはなかなか嬉しい内容です。可愛らしい鳩さんのイラストにもほっこりしますね。

寒い冬からあたたかな春に季節が変わると、時の流れがグンと早く感じて少し心も戸惑いがち。足早な気持ちになりがちな時こそ、たまに神社までのんびりお散歩して、おみくじで神様と対話してみるなんていかがでしょうか。

【訪ねたお社】
『鳩森八幡神社』
■所在地/東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-24
■アクセス/JR総武線「千駄ヶ谷」駅より徒歩約5分、 都営大江戸線「国立競技場」駅より徒歩約5分、東京メトロ副都心線「北参道」駅より徒歩約5分。

文・写真/MARIKO
ファッション誌やビューティ誌、CMなどで幅広く活躍中のモデル。神社や日本文化に興味を持ったことをきっかけに「神社検定1級」を取得。フォリオマネジメント所属。

最終更新:4/30(日) 19:10
サライ.jp