ここから本文です

アウトドアにもホームパーティにも! 手軽&SNS映えする「サンドイッチ レシピ」 [FRaU]

4/30(日) 11:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

お弁当ってなんだかうれしい。外で食べると、よりいっそうおいしくなる。そこで、料理のプロたちにお弁当のレシピやアイデアを教えていただいた。

素材を現地で組み立てる shigekoさんのサンドイッチ弁当

ブランドの展示会や、撮影現場へのケータリングで人気のshigekoさん。作る料理は見た目がおしゃれで、かつおいしいと定評がある。今回提案してくれたサンドイッチも、具材の組み合わせがハイセンス。ハムやチーズはパックのまま、パンや果物はカットして持っていくのがポイントです。

あとは現地で、パンに肉と果物を挟み、チーズやヨーグルト、ハーブを好みでプラス。登山ではなく山が見える場所でのピクニックなら、ぜひワインも準備して。

01. パンや野菜につけて ハーブチーズディップ

クリームチーズを柔らかくなるまで混ぜ、みじん切りにしたハーブ(ディルやタイム、ミントなど)を加えて混ぜ、塩と黒こしょうで味を調える。にんじんスティックなどの生野菜やゆで野菜、フライドポテト、焼いた肉や魚などにもよく合う。

02. ミントとヨーグルトが合う タンドリーチキン&マンゴー

ヨーグルト大さじ4、カレー粉1と1/2、にんにく・しょうが各1片をすりおろしたもの、ケチャップ・オイル各大さじ2、塩小さじ2、こしょう少々を混ぜた中に1日漬けた鶏胸肉を、220度のオーブンで焼き、アルミホイルで包んで冷まし、スライス。バゲットに切り込みを入れ、ヨーグルトを塗り、タンドリーチキン、マンゴー、ミントを挟む。

03. 黄金の組み合わせ イチジク&生ハム&チーズ

パンにスライスしたチーズ(パルメジャーノやカマンベールなど好みで)、生ハム、カットしたイチジクの順にのせ、オリーブオイルと黒こしょうをかける。パンはカットしてから袋に入れ、空気に触れると色が変わりやすい生ハムはパックのまま、柔らかなイチジクは丸ごと密閉容器に入れて持参するのがおすすめ。

<POINT!>

持ち寄りするのが気楽
荷物をなるべく少なくしたいなら、一緒に食べるメンバーそれぞれが、分担して持ち寄ればいい。意外な組み合わせが生まれるかも。