ここから本文です

岡崎、決勝点アシストで英紙「ヴァーディーのゴールをティードアップ」

4/30(日) 2:11配信

フットボールチャンネル

 現地時間29日にプレミアリーグ第35節の試合が行われ、レスター・シティはウェスト・ブロムウィッチ(WBA)と対戦し1-0の勝利をおさめた。レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たし決勝点をアシストしている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 岡崎は…

 岡崎にとってはリーグ戦4試合ぶりのスタメン出場となった。試合開始して43分、岡崎の絶妙なスルーパスからヴァーディーがゴールを決めてレスターが先制している。

 地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対して、ヨハン・ベナルアンやリヤド・マフレズと同じく「6.0」の評価が与えられた。寸評では「ヴァーディーのゴール達成のためにティードアップした」とコメント。ティードアップとは、準備する・用意する・手配するといった言葉を意味している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)