ここから本文です

顔の下半分をマットにすると美人印象が上がる!?【キラキラシャドウの使い方】 [VOCE]

4/30(日) 13:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

「キラキラとしたパール入りのブラウンシャドウは春のトレンド。それを使って美人印象の新境地を開拓したいときは顔の下半分をマットなヌードトーンにまとめて」頬には骨格を意識したシェーディング。艶を排除したマット唇。このバランスがクールビューティ!

【eye】

A.ファシオ リキッドアイカラー WP BR-8
「肌になじむピンクブラウンはキラキラシャドウの下地に◎」

B.ケイト メタルグラマーアイズ BR-3
「パールのキラキラ感が今ドキのグレイッシュブラウン」

HOW TO MAKE-UP

「まず、ファシオをアイホール全体に塗ってベースをつくります。次にケイトの右上を黒目の上に指で置いて、左右にのばします。2種類のパールを重ねてまぶたに立体感を」

【cheek】

ポール&ジョー ジェル ブラッシュ 003
「みずみずしいウォータージェルが肌の上でサラサラに」肌にとけこむベージュ。

HOW TO MAKE-UP

「ジェル状のチークを顔のサイドと頬骨の上に指でサラッとのばして。透明感のあるヌードピンクは影色として使っても表情が沈むことなく、立体的な印象を演出してくれます」

【lip】

NARS ベルベット マットリップペンシル 2486
ピンクベージュのペンシルでほのかな血色感を。「唇のエッジを大きめに描いてから全体を塗りつぶして」

HOW TO MAKE-UP

「リップはマットなペンシルを使用。オーバーリップぎみに描き、しっかりと色づけをしてボリューミーな唇に。マットな質感のときに唇を小さく描くと貧相に見えてしまいます」

「アイシャドウにパールが戻ってきた今季は目もと以外をマットにすることでこなれ感のある美人印象をつくりたい。ヌードカラーでまとめるとさらにオシャレ」



(撮影:菊地泰久、向山裕信/vale.)