ここから本文です

徳島、DF馬渡和彰の乱暴行為とサポーターの水かけを謝罪。両者に処分検討

4/30(日) 11:08配信

フットボールチャンネル

 J2の徳島ヴォルティスは30日、クラブ公式サイト上で前日29日の明治安田生命J2リーグ第10節における2つの事象について謝罪した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 1つ目は、千葉戦の前半14分に徳島のDF馬渡和彰が、なかなかボールを渡さないボールパーソンを小突いて退場処分を受けたことについて。徳島の岸田一宏代表取締役社長は「馬渡選手の行為はプロサッカー選手としてあってはならない行為であり、厳正なる処分を、クラブとして本人に科す所存です」とコメントしている。

 クラブとしての対応はJリーグ規律委員会による処分確定後に改めて決定し、報告されることになっている。

 2つ目は、千葉戦の試合終了後に徳島側応援エリアとなっていたアウェイ側スタンドから、別のボールパーソンに対して「水と思われる液体を掛ける行為」があったことだ。こちらは水かけ行為自体は確認されているものの、行為者の特定には至っていない。

 岸田社長は「あってはならない行為であると認識しております」と遺憾の意を表明した上で、「現状では、当該行為をはたらいた人物の特定には至っておりませんが、特定次第、運営管理規定に則り厳正な処分を科すことといたします」と今後の調査と処分を約束した。

 ゴールデンウィーク初日に起きた2つの事象について、徳島の岸田社長は「いずれの件におきましても、ジェフユナイテッド千葉に関わる皆様、Jリーグを支える皆様、徳島ヴォルティスを日頃より応援していただいている皆様にクラブとして非常に重大なご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます」とクラブ公式サイト上で謝罪した。今後の対応や処分などの詳細は後日改めて公表される予定となっている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)