ここから本文です

最下位の大宮が首位の浦和を1-0撃破! 公式戦初勝利と公式戦初無得点…両者は対照的な結果に

4/30(日) 16:57配信

Football ZONE web

前半は浦和がボールを保持するも、大宮守備陣が素晴らしい集中力で決定機を作らせず

 大宮アルディージャが、首位の浦和レッズをホームに迎え撃った“さいたまダービー”で今季の公式戦初勝利を挙げた。30日のリーグ第9節で大宮は後半18分にMF茨田陽生が決勝ゴールを決めて1-0で勝利。今季公式戦14試合で44得点の浦和を、今季初の無得点に抑え込んだ。

【動画】ストライカーさながら! 闘莉王の圧巻ハットトリック&巧みな反転ゴール(YouTubeJリーグ公式チャンネル

 試合前の時点で首位と最下位の対戦になったダービーだが、それを感じさせない試合展開になった。前半から浦和がボールを持つものの大宮守備陣の集中力が素晴らしく、決定的な形を作らせずにゲームを進めた。そのなかで大宮は前半22分、鋭いターンでDF遠藤航を振り切ったFW瀬川祐輔がGK西川周作と1対1になったが、最後まで動かなかった西川が足を残してセーブし、絶好機を逃した。

 浦和は同40分に選手同士のポジションチェンジで左サイドにスペースを作ると、DF槙野智章がオーバーラップ。中央に入れた低いクロスをフリーになったFW武藤雄樹が合わせたが、クロスバーの上に外した。互いにチャンスを得点に結びつけることができず、スコアレスで前半を折り返した。

 浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は「ダービーらしいゲームになっている」とコメントし、MF柏木陽介を下げてMF青木拓矢を後半からピッチに送り込んだ。それでもなかなかペースが上がらない浦和は、10分と経たないうちにFW李忠成を武藤に代えて投入。攻撃に変化をつけようとした。

後半18分、MF茨田が決勝ゴール

 そうしたなかで、最初にチャンスをモノにしたのは大宮だった。後半18分、浦和が後方からビルドアップしたボールをFW興梠慎三につないだ場面で厳しくマークすると、こぼれたボールが大宮FW江坂任のところへ。一気に追い越したMF茨田陽生にパスがつながると、持ち込んだ茨田は右足を強振。強烈なシュートが浦和ゴールに突き刺さり、1-0の先制ゴールになった。

 直後に浦和はMF宇賀神友弥に代えてMF駒井善成を入れて総攻撃モードに入ったが、この日はここまでリーグ8試合24得点の攻撃陣が放つシュートがことごとく枠を捉えられず。このまま1-0で大宮が勝利し、今季のリーグ初勝利を挙げた。浦和は今季公式戦で初の無得点でリーグ2敗目となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/30(日) 16:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新