ここから本文です

G大阪の遠藤、18年ぶり珍事! 2試合連続“ベンチスタート”は99年の京都時代以来

4/30(日) 17:14配信

Football ZONE web

98年に3試合連続が2回、99年と今年に2試合連続のベンチスタートが各1回のみ

 30日のJ1リーグ第9節横浜F・マリノス対ガンバ大阪戦のスターティングメンバーが発表され、G大阪の元日本代表MF遠藤保仁がリーグ戦2試合連続のベンチスタートとなることが確定。怪我や疲労でメンバー外となったケースを除き、遠藤がリーグ戦で連続ベンチスタートとなるのは99年以来、実に18年ぶりの珍事となった。

【動画】堂安が衝撃のミドル弾! ACL「G大阪vsアデレード」ハイライト(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 今年1月に37歳となった遠藤は、今季でプロ20シーズン目を迎えている。鹿児島実業高校から98年に横浜フリューゲルスへ加入すると、99年から2シーズンは京都パープルサンガに所属し、2001年以降はG大阪一筋でプレー。ルーキーイヤーからコンスタントに出場を重ねてきた遠藤だが、今季は99年以来の事態に直面している。

 第8節の本拠地大宮アルディージャ戦に続き、第9節の敵地横浜FM戦と2試合連続のベンチスタートとなった。これは京都所属時代の99年第1ステージ、開幕節の敵地柏レイソル戦(3月6日/後半35分から出場)と第2節本拠地横浜FM戦(3月13日/後半12分から出場)以来、18年ぶりの出来事となる。

 これまで怪我や疲労を理由にベンチから外れるケースはあったものの、ルーキーイヤーの98年でも3試合連続ベンチスタートが2回あったのみ。連続ベンチスタート自体が少ない遠藤にとって、2試合連続ベンチスタートは極めて異例と言える。

井手口と倉田の活躍に押される形で…

 前節の大宮戦では、成長著しい20歳MF井手口陽介と入れ替わる形で後半24分から遠藤は出場。この時点ですでに5-0と大勢は決しており、あくまでクローザー役として試合を締める役割を担う形となった。

 昨年11月に日本代表初招集となった井手口が今やボランチの主力に定着し、今季6試合2得点。さらに今季から10番を背負うMF倉田秋もボランチ起用され、リンクマンとして攻守両面で存在感を放っている。MF今野泰幸がロシア・ワールドカップ最終予選のUAE戦で左足小指骨折という怪我を負い、G大阪の中盤の層は薄くなっているが、井手口と倉田の活躍に押される形で、遠藤の立場が厳しいものになっているようだ。

 試合は後半19分、G大阪の18歳MF堂安律が3試合連続ゴールを決めて横浜FMに1-0勝利。遠藤は最後まで出番がなく、そのまま試合終了となった。

 世代交代の波が訪れているなか、ベテランの遠藤はこのままポジションを明け渡すことになるのか。それとも波にあらがい、円熟のプレーで再びポジションを確保できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/30(日) 19:25
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新