ここから本文です

【徳島】ボールボーイへの乱暴行為とサポーター“酒”かけ事件で揺れるなか練習再開。主将の岩尾が一夜経っての気持ちを語る

4/30(日) 18:14配信

SOCCER DIGEST Web

約20分のミーティングで、R・ロドリゲス監督が「絶対に許されない行為だった」と改めて強調。

[J2 10節] ジェフ千葉 2-0 徳島ヴォルティス
2017年4月29日/フクアリ
 
 10節の千葉戦で馬渡和彰がボールボーイの身体を突いた乱暴行為とサポーターの水かけ問題に揺れる徳島ヴォルティスが4月30日、徳島スポーツヴィレッジで練習を再開した。練習前には20分ほど時間をかけてミーティングが行なわれ、今回の件についてリカルド・ロドリゲス監督が改めて選手たちに「絶対に許されない行為。様々な感情が起きることはサッカーの一部。その気持ちをコントロールしなければいけない」と伝えたという。
 
 ミーティングを終えた選手たちは、2班に分かれて練習。前日試合に臨んだ9人が軽いランニングなどでダウンをして、他のメンバーはパスゲームなどをこなした。ゴールデンウィーク中の日曜日とあって大勢のサポーターが練習場に集まり、その様子を見守っていた。
 
 主将の岩尾憲は練習後に神妙な面持ちで、「今回の件は、選手個人とともに、チーム全体の問題でもあります。(ボールボーイの)方への申し訳ない気持ちしかありませんし、一人ひとりが自分たちの起こしたことを受け止めて、次の試合(5月3日、ホームでの福岡戦)に向けて準備をしていくしかありません」と語った。
 
 千葉戦の14分、カルリーニョスのサイドチェンジに、左タッチライン沿いを馬渡が駆け上がると、飛び出したGK佐藤優也がスライディングでクリア。ゴールががら空き状態のため慌てて佐藤が戻り、一方、馬渡はボールボーイにボールをすぐ渡してほしいと要求した。
 
 そこで少し間が空き、時間稼ぎだと感じた馬渡がボールボーイのところまでボールをもらいに行った。驚いた様子のボールボーイから馬渡がボールを押し戻すような形で受け取り、その胸を突いた。
 
 高山啓義主審は馬渡にレッドカードを提示。審判と徳島の選手、さらに千葉のベンチスタッフなどで揉み合いになった。そのあとチームメイトらを落ち着けた主将の岩尾は主審からの説明を受けると、ボールボーイのもとに行って声を掛け、握手をかわして試合に戻った。

 そのことについて、岩尾は次のように説明した。
 

1/2ページ

最終更新:5/6(土) 11:22
SOCCER DIGEST Web