ここから本文です

U-20代表の堂安が公式戦3戦連発!横浜の守備を崩し切った鮮やかな一撃

4/30(日) 19:39配信

SOCCER DIGEST Web

横浜の守備陣は見送ることしかできなかった。

[J1リーグ9節]横浜0-1G大阪/4月30日/日産ス
 
 完璧に崩した見事なゴールだった。アウェーの日産スタジアムに乗り込んだJ1リーグ9節の横浜戦、0-0で迎えた64分にG大阪のサイドアタックが火を噴いた。
 
 アデミウソンが左サイドをオーバーラップした藤春廣輝にパスを通すと、藤春が藤本淳吾とのワンツーで最終ラインを突破。グラウンダーのクロスをニアサイドに送り、このボールを長沢駿がヒールで流し、最後は中央の堂安律がフリーでゴールに流し込んだ。
 
 決勝点の堂安は8節・大宮戦、ACLのアデレード・ユナイテッド戦に続く、公式戦3試合連続ゴール。U-20ワールドカップのメンバー発表を5月2日に控えるこの局面でのゴールラッシュに、本人も「誰が選ばれるか分からない中で最後のアピールの場だったので、得点できて嬉しいです」と手応えを語った。
 
 G大阪はこのゴールで横浜に1-0勝利。2試合連続の無失点で、首位・浦和と勝点差1に付ける2位に浮上した。
 
 一方の横浜は2試合連続の完封負けで、攻撃陣が不振に陥っている。現在は4勝1分4敗と五分の星を保っており、次節の鳥栖戦がひとつの分水嶺となりそうだ。

最終更新:4/30(日) 19:39
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ