ここから本文です

横浜スタジアムには「日産リーフ」の「リリーフ・カー」があった!

4/30(日) 7:10配信

clicccar

久しぶりに横浜スタジアムに行ってきました。

今回は横浜DeNAベイスターズ×広島カープの野球観戦。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



3年前から私はいわゆる「カープ女子」。(女子という年齢でもありませんが)
だいたいは東京・神宮球場でヤクルト×カープ、あるいは足を延ばして本拠地・広島のマツダズームズームスタジアムのどちらかでの観戦が多いのですが、今回はチケットをいただいたので横浜スタジアムへ。



実は私、その昔は「ベイスターズ」ファンでした。まだ「横浜ベイスターズ」で、「横浜ベイスターズ」が日本一に輝いた時代の頃の話ですが、当時はかなり横浜スタジアムに通いました。
しかしその後、「ベイスターズ」ファンを卒業し、3年前からは「広島カープ」ファンに転向。それから初めての横浜スタジアムです。
いえ、正確には数年前に福山雅治さんのライブ鑑賞や、取材では来たことがありましたが、カープの「応援」では初めてです。

プレイボール少し前にスタジアムに到着しましたが、周辺は「なにかのフェスか?」と思うぐらい、多くの出店が出展され、すでに大賑わい。球場内でもいろいろなメニューが用意されていて、ここでしか食べることのできなオリジナル料理も多数あります。



今回はベイスターズ側のバックネット裏の前から2列目。シートもレザーシートでふかふか。しかも寒くない。さらにブランケットのサービスあり。お料理も席まで運んでくれるし、寒くなったら奥のレストランで食事も可能。などなど、まさに「神席」。



試合の合間は、DeNAベイスターズのマスコットキャラクター「DB.スターマン」と「DB.キララ」、そしてオフィシャルサポーティングガールズ「diana(ディアーナ)」が踊りで会場を盛り上げます。また、各回の守備と攻撃が入れ替わるときには、プレゼントボールの「ベイスターズ・スーパー・バズーカ」や、大型ビジョンでの写真撮影、球速90㎞/h以上でボールを投げると素敵なプレゼントがあるなどなど、飽きさせないアトラクションの数々。



ピッチャー交代の時には、「日産リーフ」のリリーフカーが音も無く、静かに現れます。
白いオープンカーの「日産リーフ」で、シートはブルー。しかもふかふかな感じ。
ドアはありません。そしてバズーカ砲を積んだ謎のクルマも登場します。

さらにベイスターズが勝つと、花火が上がったり、サインボールがプレゼントされたり、席によっては試合後にベイスターズ選手とハイタッチができるなどなど、楽しいアトラクションが盛りだくさん。

最近、ベイスターズも人気復活のようですが、その陰には選手の魅力はもちろんですが、試合以外でも楽しめるスタジアムの企業努力も大いにあるのかもしれません。

そして「リリーフ・リーフ」乗ってみたいです! 取材させてください!



(吉田 由美)

最終更新:4/30(日) 7:10
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)