ここから本文です

本塁打ビデオ判定“ 黒星第1号”は中日・和田一浩【2010年5月1日】

5/1(月) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は5月1日だ。

 最近ではホームラン、ホームでのアウト、セーフのビデオ判定はすっかりお馴染みとなった。

 日本球界での導入は2010年だが、中日・和田一浩外野手が記念すべき(?)「国内第1号」の打球を放ったのが、同年5月1日だ。

 開幕から好調を維持していた和田は、この日の広島戦(マツダ広島)でも3回に小松剛から2ラン、4回には梅津智弘から3ランを、いずれも左翼場外に運んだ。そして6回はベイルとの勝負。変化球をすくった打球は左翼ポール上空を通過した。飛距離は十分。三塁塁審も右手を回した。3打席連発!

 和田はもちろんダイヤモンドを1周した。だけど……。

「自分では分らないんですよ。もう走り出していたので。ライン上にそのまま立っていたら、見えたかも分らないけど。自分で決められることじゃない。仕方ないです」

 微妙な弾道は、広島の抗議の末、ビデオ判定となり、ファウルに。5例目で初の“差し戻し”だった。

 なお、この年の和田は自己最多の37本塁打を放ち、4年ぶりのリーグ優勝に貢献。MVPにも輝いている。

写真=榎本郁也

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ