ここから本文です

今年は芝生が拡大!二子玉川の“ビアファーム”が早くもOPEN

5/1(月) 8:00配信

東京ウォーカー

天然の芝生の上でビールをグビッと飲み、おいしいフードに舌鼓。そんな至福の体験ができるビアガーデン、二子玉川ライズ「プレミアム ビア ファーム」が、今年も帰ってきた。

【写真を見る】昨年に比べて約1.5倍広くなった芝生スペース

二子玉川ライズでは2015年より、夏季限定のビアガーデンを開催している。今年はオープンをゴールデンウィーク前に前倒しし、期間が長くなった他、内容もさらにパワーアップ!空間の演出を手掛けるのは、昨年に引き続き、植栽プロデュース集団“SOLSO FARM”だ。

今年は芝生スペースが昨年の約1.5倍に拡大。無料貸し出しのレジャーシートを広げ、ゆったりとくつろげる。さらに、6月16日(金)以降は毎週金曜日の夕方に音楽ライブを実施。夏季にはエントランスのゲートから、ミストが出る演出も行われる予定だという。

「今年は開催期間が長くなったため、色のトーンと植物の品種を工夫し、春と夏の両方に対応できるようにしました」と話すのは、SOLSO代表の齊藤太一さん。プランターやキッチンカーに桜色を取り入れた他、植物も春と夏の品種をミックスしているという。

また、今年の芝生スペースは、カラフルなパラソルやフラッグガーランドで彩られた昨年に比べると、どことなく大人っぽい雰囲気。いくつもの植物が吊り下げられ、頭上から緑が降り注ぐ。

齊藤さんは「二子玉川ライズは、街に根差した商業施設。昨年来てくれた人たちが1つ歳をとっているように、ここも1つ大人になって、一緒に成長していく美しさを感じていただければと思います」と思いを語ってくれた。

緑溢れる空間で味わえるのは、この春新しくなった「ザ・プレミアム・モルツ」(500円)などサントリーが提供するドリンクと、スペイン王室御用達のグルメストア「マヨルカ」によるフードメニュー。

ドリンクは「ザ・プレミアム・モルツ」「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール」「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の3種類を飲み比べできる「テイスティングセット」(1200円、おつまみ付き)や、コールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」とコラボレーションしたビアカクテル「ケールエール」(600円)などもおすすめだ。

フードの注目メニューは、5月10日(水)から提供される「BEER FARM SET ‐6種のパーティコンボ‐」(2400円)。「MEXICAN カクテルシュリンプ」「粒マスタードとコンビーフのポテトサラダ」「オレガノ風味の特製フライドチキン」など、ビールと相性抜群の6品が並ぶ。見た目にもおしゃれで、味もスパイスやハーブを効かせ、ひと手間加えたものばかりだ。

二子玉川ライズ「プレミアム ビア ファーム」は、9月3日(日)まで開催中。芝生の上でビールを飲みながら、春から夏へ移りゆく季節を肌で感じてみては?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ