ここから本文です

『魔女の宅急便』の作者・角野栄子さん“82歳のおしゃれなシンプルライフ”が話題

5/1(月) 9:00配信

週刊女性PRIME

『魔女の宅急便』の作者・角野栄子さん(82歳)、初のライフスタイル本『『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ』(KADOKAWA刊)を開くと、カラフルな眼鏡のフレーム、キャンディーのようなネックレスや指輪、そして柄違いで仕立てられた同じ型のワンピースの数々が、目に飛び込んできます。見ているだけで胸がときめくコレクションは、魔法のように毎日を楽しくしてくれそうです。どうしたら、こんなセンスが身につくのでしょうか。

【この記事のすべての写真を見る】

アクセサリーには思い出がぎっしり

「本人にはそういう気はないのよね。どうしてそういう生き方になったんだか知らないけど、自分が好きな物、気持ちいい物を集めていって……という感じなの。ワンピースも自分に合う物にはなかなか出会えなくて。襟ぐりが開きすぎていたり、二の腕に合わせると、別の部分がゆるかったり。だから、ずっと同じデザインで、娘のお友達に縫ってもらっています。

 いいと思ったらずっと変えない。最近は選べば生地も安いし、身の丈に合わないものは買わない。1メートル1000円ぐらいの生地で、気に入ったものがあったら買っておくんです」

 むやみにお金はかけなくても、自分好みにはこだわる。見習いたいです。

「私ね、いつもアクセサリーや何かを買うとき、自分に言い訳するの。ブランド品は買わないし、お酒も飲まないし、そういう贅沢はあんまりしてないので、って(笑)。

 私の持っている物でいちばん高いのは眼鏡ね。だけどあとはね、本当にお金のかかっていない物ばかり。私のアクセサリーは、プラスチックや木ですから。毛糸で自分で作った物もあるわね。こういうのはヨーロッパに行くと、たいてい駅の売店なんかに売ってるんです。それを、ひとつ2ユーロとかで買う。それが楽しい。旅のささやかな発見です」

 アクセサリーのひとつひとつに思い出がある、と角野さんは語ります。

「最初に買った眼鏡は、20年か25年ぐらい前ね。レンズを変えて使っています。外国に行って、いいフレームがあったら買って、日本で自分に合うレンズを入れたりします」

 思い入れのある物を大切に使う。心がけたい習慣です。身につける物へのこだわりは、小さいころからあったのでしょうか。

「意外とあったと思う。物のない時代だから、何でも自分で作ったのね。サンダルなんか、下の部分が木で、上にベルトがあるタイプがあるでしょう。(甲のかぶせが)取れちゃうときもあるし、気に入らないときもある。そんなときは、自分で布を加工して、(木の部分に)釘を刺して作ったこともあった。欲しくても思うように手に入らなかった時代だから。でも、可愛いのはきたいな、と思って」

 角野さんには、重要なルールがあります。

「いいなと思う洋服があっても、手持ちの眼鏡に似合うものでなかったら買わないの。かわいいな、持っててもいいかなって思うときもあるけど、結局着ないから。なんだか、ピラピラとした装飾がついている洋服があるでしょ。あとは、スカートにカットが入っていたり。そういう既製品がいっぱいあるけど、ああいうのは飽きるわね。(シンプルな服は)いつも着てても、アクセサリーすれば変わるでしょう。いろいろ試すのが楽しい」

1/2ページ

最終更新:5/1(月) 9:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)