ここから本文です

「ニコニコ超会議」JALブースに踊れるハンサム社員の岡本さん登場

5/1(月) 0:38配信

KAI-YOU.net

4月29日(土)・30日(日)の2日間にかけて、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催されているニコニコの祭典「ニコニコ超会議2017」。

【ハンサム社員】の画像をもっと見る

今年も大小様々な企業ブースが展開されている中、ひときわ賑わいを見せていたのが、日本航空(JAL)による「超FUJI号 JALブース」だった。

JALは2015年の「ニコニコ超会議」に出展する際、ボーカロイド・初音ミクによる楽曲「39」でJAL社員たちの踊ってみた動画を投稿。クオリティの高すぎるダンスが大きな反響を呼び、以来ニコニコではおなじみの存在となっている。

今年で3年連続の出展となるわけだが、昨年以上にスケールの大きなブースになっていた。その模様をレポートする。

日本初のジェット旅客機が展示!

2016年の「超ネ申ヒコーキ Operated by JAL」では、JAL史上初となる飛行機のエンジンが展示されていた。

そして、今年の「超FUJI号 JALブース」では、日本初のジェット旅客機である「FUJI号」の機首部分を展示。全長8メートルほどの大きさだ。

昭和天皇やビートルズ、さらにはジャイアントパンダのカンカン・ランランなどが搭乗したことも。歴史あるジェット旅客機だ。

実際にブースでは、FUJI号の内部も見ることができた。今とは違って、昔ながらの良さがある室内。FUJI号は、当時「空の貴婦人」とも呼ばれていたそうだが、室内を見て、何となくそう呼ばれた意味を理解できた気がした。

FUJI号の展示ということで、今年は制服を着た客室乗務員だけでなく、FUJI号就航当時の着物を着た客室乗務員も登場。普段とは違った雰囲気が感じられた。

ニコニコユーザーから熱烈な指示を得ているJALの岡本さんを直撃!

ブース内にはWeb販売部の岡本昂之さんの姿も!

この岡本さんとは、2016年にJALが公開した動画「【JAL】客室乗務員が「Calc.」を踊ってみた」に唯一の男性として登場して以降、ニコニコユーザーの間で熱烈な支持を得ている人物。

今年はソロPV風の「JAL岡本さんがPV風に『バタフライ・グラフィティ』踊ってみた」という動画が公開されているほどだ。また「バタフライ・グラフィティ」はJAL×八王子P×踊ってみたフェスのコラボによる、今回のための書き下ろし楽曲となっている。

岡本さんとも1年ぶりの再開ということで、少しだけ話をうかがった。


「バタフライ・グラフィティ」の動画について、岡本さんは「ロサンゼルスでのダンスシーンが見所です。これまでの『踊ってみた動画』とは一風変わった仕上がりになっています」と語った。

今年で3年連続の出展となるが、こうした「踊ってみた動画」によって、新たなファンの獲得につながっているそうだ。実際、岡本さん目当てでJALのブースに足を運ぶ若い女性も目立っていた。

来年も動画は公開されるのか。多くのファンが期待するところではあると思うが、岡本さんは「まだ未定です」としながらも、「またこの場所に戻ってこれるようにしたい」と意気込みを語った。

最終更新:5/1(月) 0:38
KAI-YOU.net