ここから本文です

多聞恵美のうまいもんオカワリ!!「淡路島ツーリング!サンセットラインで生サワラ丼!」

5/1(月) 15:10配信

エイ出版社

春告げ魚として愛されているサワラ

バイクツーリング誌『BikeJIN』のグルメツーリング連載「多聞恵美のうまいもん好っきゃモン!」を担当し早10ウン年。私の旅をもっと知ってもらいたい! 旬のうまいもんの素晴らしさを伝えたい! バイクと温泉の相性の良さを知って欲しい! てゆーか「ドヤっ」て自慢したーい!(笑)。というわけで私が今まで味わって来た数々の旅を、やっぱりうまいもんを通してご紹介させていただきます。

春告げ魚(はるつげうお)という言葉を聞いた事はありますか?これは文字通り春の訪れを教えてくれる春が旬のお魚のこと。

兵庫・神戸に生まれ育った私にとってはイカナゴがそれで、昼網で上がったイカナゴを佃煮にする甘辛い香ばしい香りが近所に漂うと、子供心にさえ旬の到来を感じさせてくれたものです。

鰆の西京焼は上品でありながらも抜群のゴハンのお供。しかし旬のお魚をより深く味わうには……、そら刺身やろ!というわけで数々のご当地グルメブームに火を付けてきた淡路島が、今度は「生サワラ丼」なるメニューを展開していると聞きつけ、タモン行ってまいりました。

人気のツーリングスポット淡路島

淡路島はライダーに人気のツーリングスポットとしてもあまりにも有名。関西圏、特に阪神間からのアクセスは抜群で渋滞さえなければ1時間かからず到着できる場合がほとんどです。

私も大好きな島。なんてったってゴハンが美味しすぎるしね! その昔は御食国として朝廷へと食材を献上していたというのだから由緒としても折り紙付きです。

昔から漁師メシとして愛されいた生サワラ丼

さてその生サワラ丼(写真上)が食べられるのが淡路島の西海岸、五色町のエリア。足がはやい(傷みやすい)ことでも知られるサワラですから尚のこと貴重な食材なのですが、鰆漁が行われている五色町の地域では昔から漁師メシとして愛されていたんだそうです。

「生サワラ丼マップ」を参考に私がお邪魔したのは料理旅館の川長さん(写真右下)。
(こちらは前日までの予約が必須ですのでご注意を)

●料理旅館 川長
住所:兵庫県洲本市五色町都志万歳409
TEL:0799-33-0425
営業時間:11:00~14:30
※前日までに要予約(土日祝のみ)
http://kawachoryokan.com/

1/2ページ

最終更新:5/1(月) 15:10
エイ出版社