ここから本文です

10代で海外に飛び出す意義とは? 異色の韓国人MFが日本で得た新たな価値観

5/1(月) 21:03配信

THE ANSWER

ベルギーに留学しFC東京U-18で育ったオ・ジャンウン、異国の環境が成長を促した

「韓国では、コーチがほとんどベンチに座ったまま。立ち上がるのは、大声で怒鳴る時だけですね」――オ・ジャンウン(FC東京出身/元韓国代表)

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 オ・ジャンウン(現・城南FC)は、韓国の新世代を代表する海外志向の強い選手だった。

 中学3年時にはベルギーに留学し、中学を卒業すると、今度はFC東京U-18に加入。2002年にトップデビューを果たすものの、当時はブラジルトリオ(アマラオ、ケリー、ジャーン)の壁が厚く、なかなか出場機会を得られずに帰国したが、その後は韓国代表としても活躍することになった。ちなみに李忠成(現・浦和レッズ)とはFC東京U-18時代の同僚で、日本国籍を取得する前の李が参加したU-19韓国代表合宿でも一緒にプレーをした。

 オ・ジャンウンは中学時代から母国を離れていたので、たまに帰ると両親が「あまりに早く大人になり過ぎて気持ち悪いよ」とこぼしたという。また、姉も「弟じゃなくて、お兄ちゃんが帰って来たみたい」と呆れていたそうである。

 そんなオ・ジャンウンが海外に出て、最初に実感したのは、韓国とベルギーの指導環境の違いだった。

「ベルギーではコーチが率先して動く。丁寧に説明して納得させて教えてくれました。でも韓国では、頭ごなしにやらせるだけ。例えばドリブルの得意な選手がいて、チャレンジして奪われれば『何をやってるんだ!』と怒鳴られる。選手と指導者の間に溝ができますね」

来日後にボランチ転向「基本が改善され、応用力の幅も広がった」

 日韓のスタイルの違いも体感した。

「相手と1対1になった場合、韓国では身体をぶつけて跳ね飛ばしてでも突破しようとする。でも日本では、パスコースを作ってボールをつなぎながら局面を打開しようとしますよね。梶山陽平のように、ヨーロピアンスタイルの柔軟なテクニックを持つ選手は、韓国にはいません」

 19歳のオ・ジャンウンは、そう語っていた。

 その梶山とは、日韓のU-19代表同士で戦っている。「日本のパスワークは巧みだから気をつけろ」と韓国のスタッフも強調していたという。

 来日してFWからボランチに転向し、プレーも幅も格段に広がった。

「日本に来て基本が改善されたので、応用力の幅も広がった。パスと言えば1種類しかなくて、ただ味方に渡せばいいというものでしたが、状況に応じて緩急を使い分けられるようになりました」

 もともと身体が強く、闘うことを厭わなかったオ・ジャンウンは、日本で繊細なテクニックも身につけ、帰国してから開花した。

「やがて日韓両国のスタメン全員が、欧州のクラブでプレーする日が来るかもしれない。その時は、僕も欧州のビッグクラブで活躍していたいですね」

 13年前に語った抱負である。欧州ビッグクラブでプレーする夢は果たされていないが、10代で渡ったベルギーと日本での経験が、プレーヤーとしての成長を促した。

(文中敬称略)

◇加部究(かべ・きわむ)

 1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

加部究●文 text by Kiwamu Kabe

最終更新:5/1(月) 21:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。