ここから本文です

「電波少年」松村邦洋がヒップホップクルー・電波少女を語る! ヒッチハイク総集編公開

5/1(月) 21:52配信

KAI-YOU.net

ヒップホップクルー・電波少女(DENPA GIRL)が2016年11月から2017年1月にかけて行った企画「電波少女的ヒッチハイクの旅」の総集編が公開された。

【電波少女】の画像をもっと見る

動画の冒頭では、伝説的なTV番組「電波少年」のメインMCをつとめた松村邦洋さんが登場。電波少女の2人との意外すぎる組み合わせが面白い動画になっている。

「電波少女的ヒッチハイクの旅」とは?

「電波少女的ヒッチハイクの旅」は、47都道府県ストリートライブTOURと銘打って行われた企画。

電波少女_アーティスト写真
電波少女
47都道府県をヒッチハイクのみで縦断し、各地でストリートライブを行い、2017年1月31日までに地元宮崎にゴールできればメジャーデビューが決定するというものだ。

旅の模様は逐一LINE LIVEを通じて生放送でファンに配信され、次第にLINE LIVE内のランキングで上位を取る人気番組となった。

見事に期限内にクリアした電波少女は、ソニーミュージックレーベルズ・アリオラジャパンからメジャーデビューをすることとなった。

今回の総集編では、ヒッチハイクやストリートライブの模様を1時間程度に凝縮したもの。

ヒッチハイク番組の元祖ともいえる「電波少年」のメインMC・松村邦洋さんはヒッチハイクの過酷さとリアル、「電波少年」時代の辛かったロケの話や、様々なものまねを披露している。

3ヶ月連続配信第1弾「Re:カールマイヤー」発売中止、ワンマンも迫る

電波少女は、5月8日(月)から3カ月連続配信リリースを予定していたが、その第1弾デジタルシングルとして予告されていた「Re:カールマイヤー」が発売中止になってしまった。

これについて、MCのハシシは公式ブログで「過去曲のリメイクをメジャーデビューを控えた第1弾シングルとして出す事にかなり抵抗があった」と気持ちを吐露。ファンの間では賛否両論を巻き起こしている。

「Re:カールマイヤー」は電波少女がネットを中心に活動していた時代の、クルーの初期を象徴する名曲。トラックやリリックを再構成し、新録されたバージョンの発売は熱望されていた。

また、新たに6月12日(月)に新たな第1弾デジタルシングルとして、新曲「ME」を発売することが告知された。

また、電波少女は6月18日(日)にはShibuya WWW Xにてワンマンライブを行うことが決定しており、チケットは一般発売中となっている。

最終更新:5/1(月) 21:52
KAI-YOU.net