ここから本文です

長友の凡ミス絡みの失点にインテル監督が怒り露わ 「深刻な失態」「酷いミス」

5/1(月) 10:20配信

Football ZONE web

3戦連続スタメンも、ナポリ相手に“背信アシスト”で決勝点を献上

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間30日の強豪ナポリ戦で凡ミスにより決勝ゴールを献上。3戦連続スタメン出場も0-1での敗戦を招く戦犯となってしまったが、ステファノ・ピオリ監督も「深刻な失態」「酷いミス」と一刀両断している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 前半43分に勝負を分けるワンプレーがあった。ナポリが左サイドから上げたクロスをファーサイドの長友がフリーな状態でカバー。しかし、ワンバウンドしたボールに上手くタイミングを合わせられなかった長友は、右足でボールをクリアしようとしたがミートできず、背後にいた相手FWホセ・マリア・カジェホンにパスする格好となった。これを難なくゴールに決められると、長友はのけ反って悔しさを露わに……。長友の“背信のアシスト”により、インテルは強豪相手に敗れてしまった。

 クラブ公式サイトによれば、ピオリ監督は試合後に「我々はナポリがタフな相手だと分かっていた。最大の正確さが求められていたが、我々は一つの酷いミスを犯した。これで試合はより厳しいものになってしまった」と、この失点でのミスを指摘。地元テレビ局「メディアセット・プレミアム」でも、「ハーフタイム直前に深刻な失態を犯した」と激怒している。

 今季終盤までベンチ要員だった長友だが、ピオリ監督から3試合連続で先発に抜擢。信頼を取り戻しつつあったところだが、よもやのワンプレーで指揮官の逆鱗に触れ、チームの足を引っ張る格好となってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/1(月) 10:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新