ここから本文です

レスターが今夏ヴァーディの相棒探しに動く? 岡崎も「完全に信頼されてない」と地元紙指摘

5/1(月) 15:00配信

Football ZONE web

9戦7発とエース復活の一方、来季に向けて浮上する“パートナー問題”

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、29日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦で1-0の勝利を収め、34試合消化時点で勝点40の11位まで浮上した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 英地元紙「レスター・マーキュリー」では、WBA戦の勝利を受けて、新たに浮かび上がっていた事実や課題について検証。そこで、エースFWジェイミー・ヴァーディの相棒を務めるストライカー陣の物足りなさが指摘されており、今夏には岡崎らに代わる新戦力獲得の可能性が持ち上がっている。

 一つ目の話題として上がったのは、後半戦に入って改めて証明されている「ジェイミー・ヴァーディの重要性」だ。「彼のゴールは、クラブが来季プレミアリーグをエンジョイする上で重要な一つの理由」として挙げられている。リーグ戦におけるゴール数は昨季の24得点から半減の12得点だが、ここ9試合で7得点と終盤戦で復活。チームの怒涛の巻き返しに大きく貢献し、その価値の大きさを示している。

 そしてエースの重要性とともに語られるのが、そのパートナー問題だ。二つ目の話題は「夏に新たなストライカーと契約するのか?」というものだった。ヴァーディと2トップを組む候補選手には岡崎、イスラム・スリマニ、レオナルド・ウジョアと頭数は揃うものの、「いずれも難しいシーズンを過ごしている」と指摘されている。

「新の10番を探していたとしても…」

 岡崎については「23試合ゴールがない。いいポジションにつけているものの、このハードワークが持ち味の日本人ストライカーも完全に信頼されているわけではないようだ」と記された。正確なポストプレーでヴァーディの持ち味を生かす存在としての高い評価を受けるも、リーグ戦ではわずか2得点と大きな課題が残されている。

 ウジョアはクラウディオ・ラニエリ前体制でほとんど出番が得られず、今夏の移籍も噂される。クラブ史上最高額となる3000万ユーロ(約36億円)で獲得したスリマニは負傷が多く、コンスタントにプレーできなかった。

 ヴァーディ以外のFWが満足のいく活躍ができていないことを受け、記事では「今夏、(レスター・)シティがヴァーディのプレッシャーを軽減させられる新の10番を探していたとしても、大きなサプライズではない」と、前線を強化する可能性が持ち上がっている。

 来季、レスターで3季目を迎える岡崎にとっては、再び激しいポジション争いが待ち受けることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/1(月) 15:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新