ここから本文です

ストイコビッチ監督、“ベンゲルイズム”を継承 中国で「ビューティフル・フットボール」宣言

5/1(月) 17:30配信

Football ZONE web

1995年名古屋時代に「ベンゲルの指導の下でフットボールをプレーした」

 かつて名古屋グランパスで指揮を執った中国1部広州富力のドラガン・ストイコビッチ監督は、指導を受けたアーセナルのアーセン・ベンゲル監督のイズムを継承し、中国サッカー界に「ビューティフル・フットボール」を導入する方針を表明した。ESPNが報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 現役時代に「ピクシー(妖精)」の異名で知られたファンタジスタは1995年に名古屋でベンゲル監督の指導を受けた。

「私はベンゲルの指導の下でフットボールをプレーした。名古屋では技術的なフットボールの重要性を強調してきた。モダンサッカーの哲学を学ぶ時だった。広州には常にビューティフル・フットボールを表現させたい。ここまでのところ、私の努力は無駄にはなっていない」

 旧ユーゴ代表で世界屈指の名手と評価されたピクシーは引退後、名古屋に指導者として凱旋した。2010年シーズンには万年中位と揶揄された名古屋に初のリーグ優勝をもたらした。

「アーセナルのようなビッグクラブに広州を導きたい。資金面での基盤を確実なものにして運営するのだ」

広州は首位、勝者のメンタリティ色褪せず

 エミレーツスタジアムという自前のスタジアムを建設し、経営面を一気に健全化したアーセナルの例に、ピクシーは倣いたいと語っている。広州は現在首位を独走しており、名古屋で示した勝者のメンタリティは色褪せていない。

「私の夢は広州にタイトルをもたらすことだ。現時点で我々はリーグトップだが、それはあまり意識していない。ハードワークし、ファンに魅力的なサッカーをすることが私の責任だ」

 華麗なプレーと闘争心を武器にしたダンディーな指揮官はJリーグに続き、チャイナマネーを背景に膨張する中国を美しいサッカーで制覇しようとしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/1(月) 17:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新