ここから本文です

小野伸二が中村俊輔との“レジェンド”再会を報告 「久しぶりにサッカーの話も…」

5/1(月) 18:10配信

Football ZONE web

自身のブログに磐田戦後の2ショット写真を掲載 「会うのを楽しみにしてた」

 コンサドーレ札幌のMF小野伸二が1日に自身のブログを更新し、前日の4月30日に行われた敵地ヤマハスタジアムでのJ1第9節ジュビロ磐田戦後に、MF中村俊輔と再会を果たしたことを2ショット写真とともに報告した。

【動画】これぞ天才の証明! 中村俊輔の鹿島戦圧巻ミドル弾(YouTube Jリーグ公式チャンネル)

 この試合に向けては、ともに10代の頃から同年代のエースとして輝きを放ってきた“天才司令塔”の対決に注目が集まっていた。実現すれば小野が清水エスパルス、中村が横浜F・マリノスに所属していた2011年4月29日(1-1)以来、じつに2193日ぶりの激突。だが中村が練習で腰を痛めてメンバー外となったことで、ピッチ上での再会は果たせなかった。

 試合はアウェーの札幌が前半に2点をリードも、後半に磐田が反撃。同15分、20分とゴールを奪ってスコアを2-2とした。緊迫したゲーム展開のなか、小野は同37分にチーム2人目の交代選手としてピッチへ。リーグ戦では3試合連続の途中出場、また26日のルヴァン杯大宮アルディージャ戦(1-1)に続く公式戦2試合連続ゴールも期待されたが、その後は両チームともスコアを動かせず、勝ち点1を分け合った。

 今季昇格組の札幌にとっては敵地での貴重なドローに、磐田にとってはリーグ戦3連勝を逃す結末となったが、両チームが誇る“名手”は笑顔で再会を果たしたようだ。

9月の第25節で天才対決は実現なるか

 小野は「会うのを楽しみにしてた、このレジェンドと試合後に」と、中村との2ショット写真とともにスタジアムで再会したことを報告。そこで二人の天才がどのような言葉を交わしたかは分からないが、「久しぶりにサッカーの話も出来たりで楽しかったー」と、ファンタジスタ同士でサッカー談議に花を咲かせたようだ。

 1999年のナイジェリア・ワールドユース(現U-20ワールドカップ)で準優勝した“黄金世代”の象徴だった小野も現在37歳。1歳年上の中村とはシドニー五輪世代の一員として共闘し、20代前半からは欧州クラブで世界を相手にプレー、長くA代表の中心選手としても切磋琢磨し、小野は三度、中村は二度のワールドカップに出場した。

 そんな日本サッカー史に燦然と輝く天才の対決は、今回残念ながら実現しなかったが、中村も今季加入した磐田ですでにリーグ戦2ゴールを決めるなど好調を維持しているだけに、9月に札幌ドームで行われる第25節での2度目の対戦へ期待は高まるばかり。小野も「早く腰治してくださいねー」と、中村の早期復帰を願っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/1(月) 18:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新