ここから本文です

アーセナル司令塔は「お荷物」 元イングランド代表MFがトットナム戦の低調な出来を酷評

5/1(月) 19:15配信

Football ZONE web

レドナップ氏がエリクセンのプレーと比較して一刀両断

 アーセナルはトットナムとの「ノース・ロンドン・ダービー」で0-2と敗れた。この試合でチームを救う活躍ができなかったドイツ代表MFメスト・エジルは、解説者から「お荷物」と厳しい批判を受けている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説を務める元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏は、アーセナルのアシストキングに厳しい視線を向けていた。

「私が言及したいことはエリクセンとメスト・エジルを見ると、(コインの)表裏だったということだ。彼らはすごく似ている選手だ。良く言えば、贅沢な選手だ。彼らはゴールへの扉を開く選手で、さほどハードワークは期待しない。エリクセンと比べてエジルを見るに、献身性やプレッシングの点であまりにも明確な違いが存在する。エリクセンがチームのためにボールを奪う数もそうだ。そして、攻撃でも連携していた」

 トットナムの司令塔、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと比較して、エジルの低調なパフォーマンスをレドナップ氏は一刀両断していた。そしてエリクセンについて「ファンタスティック」と称賛する一方、アーセナルの司令塔はチームのお荷物の一人だったという。

「アンリがプレーしたチームには…」

「チームにはかつてお荷物も存在したが、ノース・ロンドン・ダービーにはここまでのお荷物が存在してはいけない。ティエリ・アンリがプレーしたチームには、お荷物のような存在はいなかった。あまりにも多くのお荷物がいる。彼らは来季変更が必要だ」

 レドナップ氏は、不甲斐ないパフォーマンスに終わったアーセナルとエジルに手厳しかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/1(月) 20:25
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新