ここから本文です

16歳デビューから3ヶ国で5年連続リーグ優勝。仏代表若手FWが歩む驚異のキャリア

5/1(月) 12:48配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンに所属する20歳のフランス代表FWキングスレー・コマンは、16歳でのプロデビューから5シーズン連続でのリーグ優勝を3つの異なる国で成し遂げるという驚異的なキャリアを歩んでいる。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 コマンは2013年2月に、16歳246日でパリ・サンジェルマン(PSG)のトップチームにデビュー。ニコラ・アネルカ氏の保持していた記録を塗り替えるPSGの史上最年少選手となった。2012/13シーズンはその1試合のみ、翌シーズンもリーグ戦2試合の出場にとどまったとはいえ、2年連続でリーグアン優勝メンバーの一員となった。

 2014年に移籍したユベントスでは18歳で開幕戦に出場し、ユーベの外国人選手として史上最年少でのデビューを飾る。交代出場が多かったがセリエAで14試合に出場し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督就任1年目のチームの優勝に貢献した。

 期待の若手として評価を高めたコマンは、翌2015年には現所属クラブのバイエルンへ期限付き移籍。ブンデスリーガではコンスタントに出場機会を得ることに成功し、1年目は23試合に出場して4ゴール。ドイツでもリーグタイトルを手に入れた。

 今季は負傷もあり出場機会を減らしているが、ここまで17試合に出場。バイエルンは29日のヴォルフスブルク戦に6-0の大勝を収めたことで、前人未到の5連覇となる優勝を確定させた。試合に先立ち27日には、コマンはユーベからバイエルンへ完全移籍することも発表されている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)