ここから本文です

バイエルン主将、現役最終年で偉業達成。個人歴代最多タイ記録となる8度のリーグ制覇

5/1(月) 17:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間29日に行われたブンデスリーガ第31節の試合で、バイエルン・ミュンヘンはヴォルフスブルクにアウェイで6-0と勝利し、3試合を残して通算27度目のリーグ優勝を決めた。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 独メディア『Sport1』では同クラブのキャプテンを務める元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが歴代最多タイとなるキャリア8度目のリーグ優勝を記録したと報じている。

 シーズン終了後に引退を表明しているラームは今季これまでリーグ戦24試合に出場し、ブンデスリーガ史上初の5連覇にも大きく貢献した。記事では、今回で8度目のブンデスリーガ優勝となるラームはオリバー・カーン氏、メメト・ショル氏そしてバスティアン・シュバインシュタイガー(現シカゴ・ファイヤー)に並んだと伝えている。

 33歳のラームはこれまでクラブでドイツ杯(DFB)を6度優勝し、2012/2013シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)制覇も経験している。また、2014年にはドイツ代表のキャプテンとしてW杯も優勝するなど数多くのタイトルを獲得してきた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)