ここから本文です

ミラン、不振の原因は得点源? ゴールを挙げているのは…

5/1(月) 21:04配信

フットボールチャンネル

 ミランはセリエA直近5試合で1勝3分1敗と苦しんでいる。その主な問題は攻撃陣にあるのかもしれない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が指摘した。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 7位インテルの不振もあって順位にあまり変化がないミランだが、下位相手の取りこぼしが続いており、深刻な状況だ。4-0で勝利したパレルモ戦を除くと、3分1敗。その間、ミランは5得点6失点だ。

 6失点はもちろん修正すべき点だが、5得点の方にも問題がある。このうち3ゴールがDFによるものなのだ。

 先月15日に行われたインテルとのダービーでは、アレッシオ・ロマニョーリとクリスティアン・サパタがゴールを決めて2-2と引き分けた。30日のクロトーネ戦では、ガブリエル・パレッタの得点で1-1のドローである。

 ミランのここ10得点のうち6得点はDFかMFによる得点だ。FWが決定的な仕事をしていないのは明らかだろう。

 ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けてラストスパートをかけたいミラン。FW陣に得点は戻ってくるだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)