ここから本文です

【FC東京】「めっちゃ、やりやすい」。太田が広島戦後に絶賛した“名バイプレイヤー”とは?

5/1(月) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「自分の特長を誰よりも生かしてくれる選手だと思っている」

 [J1・9節]FC東京1-0広島/4月30日/味スタ
 
 FC東京が広島を下した試合で決勝点を決めた丸山、ファインセーブを連発した林とともに勝利の立役者となったのが、左SBの太田だった。
 
 前半のアディショナルタイムにはFKからあわやゴールかというシュートを放ち(バーに直撃)、後半に入ってからは果敢なオーバーラップでチャンスを演出。そして68分にはCKから丸山の決勝ゴールをお膳立てした。
 
「高い位置でファウルを取れるようになって、CKやFKになった時に『ここで決める』という意識がチームとしてだいぶ強くなりました。マル(丸山)が決めたシーンも、その前に(前田)遼一さんが潰れたからこそという感じだったし、ああいうチャンスをもっと増やしていきたいです」
 
 前節の新潟戦でも、太田は1得点・1アシストと大活躍。その背景には、「自分を生かしてくれる味方」がいる。その〝味方″との連係について聞くと、次のように答えてくれた。
 
「めっちゃ、やりやすいです。守備も攻撃も連動してできるし、自分の特長を誰よりも生かしてくれる選手だと思っている。割と地味だけど、チームの誰よりもハードワークしているし、ピッチでもロッカールームでも選手たちを鼓舞してくれますから、頼れる存在です」
 
 その味方とは、東のことである。このバイプレイヤーがいるからこそ、太田は本来の持ち味を発揮できていると、そういう見方もできるだろう。
 
 振り返れば、今季の開幕当初、太田は次のようなことを言っていた。
 
「あえて後ろのほうにいるようにしています。イケイケタイプの中島(翔哉)や永井(謙佑)が左サイドハーフの場合は自分がバランスを取らないといけないので」
 
 それが今は違う。
 
「(東)慶悟が比較的低いポジションでワンツーとかをやってくれる。自分が前に絡みやすいチャンスメイクをあいつはしてくれるので、僕としてやりやすいし、手応えを感じている」
 
 太田にとって、東という“名バイプレイヤー”は不可欠なパートナー。左サイドを活性化する意味で、なくてはならない存在なのだ。

【FC東京 1-0 広島 PHOTO】丸山が拮抗した試合に終止符! J1初ゴールで勝利に導く

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/4(木) 12:22
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ