ここから本文です

メキシコのレジェンドにして現市長のブランコが政敵の殺人に関与?

5/1(月) 13:00配信

SOCCER DIGEST Web

約115万円で殺し屋を雇ったとの証言が!

 ワールドカップに3度出場した点取り屋で、母国メキシコで英雄と崇められている、クアウテモク・ブランコに耳を疑うようなスキャンダルが浮上している。
 
 15年6月にメキシコのモレロス州の州都クエルナバカの市長選に出馬し、見事当選したブランコ。これまで選挙違反や寄付金の不正受給など様々な疑惑をかけられてきたが、今回の一件により政治家生命の危機に立たされている。
 
 4月6日に起きた、実業家フアン・マヌエル・ガルシア・ベジャラノ氏の殺人事件への関与が疑われているのだ。

 実行犯と見られる男が、「ブランコ市長に20万ペソ(約115万円)を渡されて殺害を頼まれた」と明かせば、「この殺し屋が犯人で、ブランコが雇ったのは間違いない」とモレロス州のグレコ・ラミレス知事も語るなど、“クロ”だという証言が続いている。
 
 実はラミレス知事とブランコは敵対関係にあり、これまでに何度も衝突を繰り返していた。ラミレス知事が何かしらの陰謀を企て、ブランコがその罠に嵌ったのではないか、という見方もある。
 
 ブランコは容疑を完全否定し、「自分と家族の生命の危機を感じている」と不安を口にしているが、今後も政治活動は続けていくようだ。そのためにはまず、身の潔白を証明する必要があるだろう。

文・ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:5/1(月) 13:00
SOCCER DIGEST Web