ここから本文です

2日で完了する体重リセット術、食べ過ぎ飲み過ぎの翌日に!

ダイヤモンド・オンライン 5/1(月) 6:00配信

 ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまった時、翌日にむくんだ顔や出っ張ったお腹を見て後悔する…なんてことは誰しもあること。しかし、このような習慣を続けると、どんどん脂肪はたまる一方です。たまには好きな物だけを食べるご褒美日もありながら体重を維持していくためには、数日かけてリセットすることが大切です。次の日からきちんとリセットしていく習慣を身につければ、食べ過ぎても悩んだり落ち込んだりすることがなくなります。今回は、食べ過ぎ飲み過ぎた時のリセット方法をお伝えします。(管理栄養士 岡田明子)

● 食べ過ぎた!と思ったら まずは体重計へ

 私たちの体のエネルギー源は糖質と脂質です。これらは食事から栄養素と共に吸収されますが、肝臓や筋肉に栄養が満たされると、余分な糖質はコレステロールや中性脂肪に変わって脂肪細胞に取り込まれます。食べ過ぎると過剰な吸収につながるので、脂肪を溜め込みやすいというわけです。

 とはいえ、食べたい物を我慢するのは辛いことですし、付き合いで飲み会が続くこともありますよね。そんな時は、数日かけて食事の量を調整すれば大丈夫。「食べ過ぎた!」と思ったら24時間以内に調整を始めることが大切です。調整せずに2日以上続けて暴飲暴食をしてしまうと脂肪は蓄積される一方なので要注意です。必ずその日のうちに体重計に乗り、まずは現実を見つめましょう。そこからがリセットの始まりです。

 食べ過ぎた翌日は起床してトイレを済ませた後に、もう一度体重計に乗り、夜の体重から朝の体重を引いて何kg落ちているかを計算しましょう。夜に比べて朝の体重が全く減っていない場合は代謝がスムーズに行われていないということになります。この体重差を目安に2日でできるリセット方法を実践していきましょう。

 リセットのポイントは「メニューの組み立て方」と「食べる量」の2つがあります。まずは食事例を挙げてメニューの組み立て方をご説明します。

1/4ページ

最終更新:5/12(金) 19:15

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 三流の東芝 一流の半導体
グーグル、アップルも食指!
特集2 総務省vs自治体
ふるさと納税 仁義なき戦い