ここから本文です

小室哲哉、ムッシュかまやつさんの思い出を語る 「分け隔てなく接してくださる方でした」

5/2(火) 17:47配信

エンタメOVO

 すい臓がんのため3月1日に亡くなったムッシュかまやつさん(享年78)のお別れ会が2日、東京都内で営まれ、芸能関係者ら1000人が参列。小室哲哉が囲み取材でかまやつさんとの思い出を語った。

 小室は「1980年代に、ロンドンに住んでいた時に遊びに来てくださった。『一緒に曲を作ろう』と言って、レコーディングをさせていただいた」とかまやつさんとの思い出話を披露した。

 「すごく幅広くいろんな方に興味を持ってくださる方だった。当時僕も若かったのですが、(かまやつさんは)面倒見がいいので、『何か一緒にやろうよ』と言ってくださって。(最初は)本当かな…?と思っていたら、本当にギターを抱えてロンドンに来てくださった」と振り返った。

 小室は、かまやつさんと2、3日一緒に過ごしたそうだが、肝心の曲について問われると「なかなか形にならなくて」と苦笑い。完成することはなかったとし「かまやつさんの場合、なんとなく雰囲気なんですよね。だから締め切りもなければ、絶対に仕上げなくてもいい。空気感でその時が楽しければ、世の中に出なくてもいい。すごいことを望まない、自由にやられる方」と故人をしのんだ。

 また「僕もよく猫背と言われるけど、かまやつさんもそういう感じで」と語った小室は「ああいうふうにずっと音楽をやって、メディアにも出られて…。どこかでああだったらいいなというのはあります」と憧れの思いも吐露。

 かまやつさんの一番の魅力を問われると「分け隔てなく接してくださるところです。若いとか、男性、女性とか、ロックだとかフォークだとかの垣根なく。全部がウェルカム(な方)」と語り「音楽界にとっても、まだまだ居てもらわないといけない人なんですけどね」とその死を惜しんだ。

最終更新:5/2(火) 18:35
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!