ここから本文です

堺正章、かまやつさんの面白エピソードを披露 遅刻の言い訳トップは「明日だと思った」

5/2(火) 19:37配信

エンタメOVO

 すい臓がんのため3月1日に亡くなったムッシュかまやつさん(享年78)のお別れ会が2日、東京都内で営まれ、芸能関係者ら1000人が参列。お別れ会では10年ぶりに再結成したザ・スパイダースが「フリフリ」「バンバンバン」「ノーノーボーイ」などを披露した。

 会の終了後、ザ・スパイダースの6人(堺正章、井上順、井上堯之、大野克夫、加藤充、田邊昭知氏)が囲み取材に応じた。

 堺は「かまやつさんの素晴らしさを再認識する、そういう気持ちで終われました」と晴れやかな表情を見せつつ「リハーサルで、みんなが定位置についた時は何かジーンときてね。それでふと横を見ると、かまやつさんがいない。あの人が持っていた役割、スパイダースでの(彼の)価値というのは、いなくなって初めて分かった部分もありました」と語った。

 10年ぶりとはいえ、見事な演奏を披露したザ・スパイダース。堺が「みんな命懸けでしたから」と笑わせれば、井上順も「最後までよく持ちましたよね。やっぱり“かまやつさんを送ろう”という気持ちだと思うの。田邊さんにしても、本当に10年ぶりにスティックを持ったわけですよ。明日大変だと思うけど、それに負けない魂のドラムスを聞かせてもらった。何よりもお別れ会って悲しくなっちゃう感じがあるけど、堺さんの絶妙な司会のおかげで、みんなで明るくかまやつさんを送ることができた。もう拍手しかない。最高だよ」と語った。

 また、かまやつさんの思い出を語る中で、堺は「遅刻の常習犯。いろんな言い訳を作っていたけど、それがかまやつさんのアーティスト性というか、それで怒る人はいなかった」と述懐。

 「世間の形にハマることがないので、一番扱いにくいメンバーだった」としながらも、その自由さに触れ「そういうのがある意味、スパイダースを作っていてくれていた。よく遅れましたよ。一番印象深かった言い訳? 『明日だと思った』。そのパターンをよく使っていました」と笑わせた。

 さらに「表のリーダーは田邊さんだけど、スパイダースを小さいお魚から大きいお魚に変えていってくれたのはかまやつさんの存在だった。これは大きかった。ミリタリールックを着ようというのもかまやつさんのアイデア。ちゃんちゃらおかしくて私はやりたくなかったけど、いざ着てみたら、それがスパイダースを象徴するようなものになった」と振り返った。

 10年ぶりの再結成となったザ・スパイダース。「次はいつ見られる?」という質問に田邊氏が「基本的にはないと思う。誰か死んだら…」と冗談めかせば、堺も「あんまり癖になっちゃってもいけない。できればスパイダースは思い出の中にあった方がいいというのが本音でしょうかね」とコメント。

 井上順も「スパイダースとしては、今日がある意味、一つのけじめになった。とにかくうれしかったのは残っている6人のメンバーが元気に演奏できて、楽しい時間を過ごせたこと。一番喜んでくれているのはかまやつさんじゃないかな」と目を細めた。

最終更新:5/2(火) 19:57
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!