ここから本文です

ランタンとしても使える大容量モデルのモバイルバッテリー

5/2(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 写真を撮り、お店や地図を調べ、待ち合わせ相手と連絡を取る…何をするにも便利なスマホだが、怖いのが充電切れ。肝心な時に「まずい!」と慌てないために、つねにモバイルバッテリーを持ち歩くのがおすすめだ。

◆LEDランタンになる大容量バッテリー

 KMコーポレーションの『LUMENA7』はモバイルバッテリーとLEDランタン、1台2役の機能を持つ。幅92×奥行き92×厚さ28mmの手のひらサイズながら、1万mAhと大容量。例えば『iPhone6S』は約4回フル充電できる。急速充電に対応しているので、短時間でスマホの充電が完了するのが嬉しい。ランタンとしては約100時間の継続使用が可能だ。重さは約220gと比較的軽量なので、キャンプなどアウトドアにも持って行きやすい。

 LEDの明るさは最小260~最大1300ルーメン。明度は4段階で調光できるほか、点灯色は昼光色・昼白色・電球色の3色に切り替えられる。最大の明るさは20Wの蛍光灯相当と、かなり眩しい。また、「緊急SOS信号モード」を搭載しているのもポイント。これは、消灯状態で電源ボタンを5秒ほど長押しすると、国際SOS信号のパターン点滅が始まる機能だ。遭難や災害など、いざという時にも役立ってくれる。

◆軽量で持ちやすいフルーツデザインが◎

 デバイスネットの『フルーバ furu-ba モバイルバッテリー4000』は、色あざやかなフルーツを模したデザインがユニーク。USBケーブルの差し込み口のカバーはフルーツの「へた」に似せてあるなど芸が細かい。幅78×奥行き102×厚さ20mmと、こちらも手のひらサイズ。丸みを帯びた形状で持ちやすさも抜群だ。重量は約112gと軽く、衣服のポケットにも入れやすい。

 通常、モバイルバッテリーは大容量になるほど重量が増す。『フルーバ furu-ba』は軽さを重視しており、バッテリー容量は4000mAhと控えめ。それでも、一般的なスマホを約1.5回フル充電できるので備えとしては充分だ。

 デザインは、リンゴ・オレンジ・スイカ・キウイの4種類。それぞれのカラーに合ったパッケージ入りなので、贈り物としても優秀。

 モバイルバッテリーは充電式なので繰り返し使える。また、iPhoneにもAndroidスマホにも活用できるものがほとんどだ。1台あると便利なので、外出が増えるゴールデンウイーク前に購入してみてはいかがだろう。

※女性セブン2017年5月11・18日号