ここから本文です

では、正しい筋トレのやり方とは? 間違ったやり方は故障の原因に! 基礎トレーニングに潜むキケン

5/2(火) 15:00配信 有料

サイゾー

――学校教育で行われる基礎的な筋トレといえば、これらだろう。その正しい方法と間違った方法を、本誌5月号特集記事「うさぎ跳びは体を鍛えるために効果的!? 先生は背筋のやり方を知らない? “学校の筋トレ”を徹底検証する!」にも登場いただいた、パーソナルトレーナーの澤木一貴氏に解説してもらった。

■体の軸を一直線にすべし!
腕立て伏せ

腕立て伏せは、頭、肩、尻の3点が一直線になっている状態でやらなければ効果は得られません。疲れてくると体を波打たせるようなフォームになりがちですが、肩を痛める危険性があります。また、腕力のない女子は膝をついて行う場合がありますが、通常の腕立て伏せよりも楽な反面、腰が反りやすくなり故障の原因にも。それよりは、壁立て伏せや斜め腕立て伏せから始めて、正しい姿勢を維持するやり方を体に覚えさせるほうが大事です。本文:2,007文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5/2(火) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年10月号
9月19日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:閲覧注意な動画
第2特集:哲学的水着グラビア
第3特集:MC漢、小学生と"ビーフ"対談