ここから本文です

5月2日は「婚活の日」!結婚ができない男女の約4割は婚活のスタートラインにも立っていない!?

5/2(火) 12:00配信

Suits-woman.jp

5月2日が「婚活の日」というのをご存知でしょうか? 

こちらを提唱しているのは結婚相談所「サンマリエ」で、「もっと多くの人に婚活してもらいたい」という願いを込め、2009年に制定したそうです。さらに今年は婚活を頑張る人を応援するため、「結婚と婚活に関するアンケート 2017」というアンケートを行ない、婚活の現状を調査しています。

出会いで悩んでいる原因は男女とも「出会いがない」が最多理由

まず23歳から55歳までの独身男女を対象に「異性の出会いで悩んでいること」にについて質問したところ、男女ともに一番多かったのは「出会いのきっかけがない」(男性27.4%、女性24.6%)でした。2位以下の回答は以下の通りとなっています。

<男性>

2位 コンパやパーティが苦手……17.2%

3位 特に悩んでいない、この中にはない……15.7%

4位 自分から誘うことができない……15.3%

5位 結婚したいと思えるような人がいない……13.9%

6位 出会いの場に行っても交際に発展しない……10.5%

<女性>

2位 特に悩んでいない、この中にはない……19.4%

3位 コンパやパーティが苦手……16.2%

4位 結婚したいと思えるような人がいない……15.5%

5位 自分から誘うことができない……14.3%

6位 出会いの場に行っても交際に発展しない……10.0%

男女とも約4割は出会いのスタートラインに立っていない!?

出会いを求めて行動を起こして失敗するというより、行動を起こす前段階の回答が全体的に目立ちます。唯一出会いのために一番具体的行動をしているのは「出会いの場に行っても交際に発展しない」ではないでしょうか?交際に発展しないものの一応場には足を運んでいるわけですが、男女ともにその割合は約1割程度となっています。

逆に「出会いのきっかけがない」と「コンパやパーティが苦手」は、出会いの場に足を運ぶこと自体やっていないような印象をうけます。この2つの答えの割合を合計すると男性は44.6%、女性は40.8%。男女とも約4割は、婚活のスタートラインに立ってすらいない可能性があるのです。

1/2ページ

最終更新:5/2(火) 12:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ