ここから本文です

オーランド・ブルーム、元妻ミランダ・カーの結婚式には招待されず!?

5/2(火) 17:50配信

VOGUE JAPAN

オーランド・ブルームは元妻ミランダ・カーの結婚式に招待されていないそうだ。6歳の息子フリン君を持つ2人は2013年の離婚以来、親しい関係を維持しており、ミランダとスナップチャットの創業者であるエヴァン・シュピーゲルの結婚式には喜んで出席するつもりのオーランドだが、招待状を受け取っていないのだという。

離婚しても夫婦円満! ミランダ・カーとオーランド・ブルームのフォトギャラリー。

26日(現地時間)に出演した『ラジオ・X』の番組内でオーランドは「招待状はもらっていないんだけど、もし招待されれば出席するつもりだよ。すべて円満だから、僕は幸せ者だよ」と答えた。

またオーランドは過去数年間の間、仕事よりも息子とミランダを優先してきたと明かしている。「ここ数年は僕にとって息子のそばにいることが全てだったんだ。だから仕事量は減らしたよ。破局してからは、2人のためにちゃんと時間を持つようにして、離れて行って、変でクレイジーなロサンゼルスにいる存在で、寄り付かないような人間にならないようにしていたんだ。それが僕にとって大きな焦点だったんだよ。だから最後の決断にはそれが影響していたけど、今は彼女も落ち着いて、幸せで、全て上手くいっているから、自分のことにまた目を向け出していくつか計画しているところなんだけど、それも上手くいっているよ」。

誰でもするように、駆け出し俳優の頃はどんな仕事でも受けてきたというオーランドだが、「お金目当てで」決めることはなかったのだそうだ。「僕は恵まれているよ。誰かにお金はいつも回って来るけど、とにかく正しいと思う直感に従うように言われたんだ。それで僕は兵士(『ブラックホーク・ダウン』)やエルフ(『ロード・オブ・ザ・リング』)、騎士(『キングダム・オブ・ヘブン』)、海賊(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)っていう、ほとんどの男の子なら夢に描いていたようなキャラクターを幸運にも演じることがでたし、医者(『グッド・ドクター 禁断のカルテ』)とかも演じたしね。子供の頃、『何で役者になりたいんだろう?』って考えた時、自分が大好きなキャラクターのリストが自分の腕の長さ位あったもんだけど、ほとんどそれを達成したんだ」。

そんなオーランドが今後演じて見たいキャラクターについては「みんなが話題にするような超大作には出演してきたけど、僕がすごくやりたいのは驚きのあるキャラクターの作品なんだ」と話した。

Bangshowbiz

最終更新:5/2(火) 17:50
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月28日発売

700円(税込み)

日本人ロックスターとして、YOSHIKIが『VOGUE JAPAN』の表紙に初登場!
人気モデルのミカ・アルガナラズと豪華競演。