ここから本文です

ダメージヘアは低温パーマで、まとまりと動きを。華やかセミロングに!

5/2(火) 16:48配信

OurAge

女性としての気持ちまで引き上げてくれる華やかなセミロング。なかでも鎖骨下10cmの長さは、面が多くツヤを出しやすいため、上品な印象を与える 「王道セミロング」だ。とはいえ、髪質などの悩みがあると…。

張 陽子さん(大学非常勤講師)の髪は、「顔まわりにうねりアリ。毛先がパサッと広がる」というのが悩みとか。
「顔まわりに扱いにくいうねりグセがあるため、前髪はいつも長めに。毛先にダメージが集中し、ドライな質感に見えてしまっている」という。

そこで、人気ヘアサロン「Ramie(ラミエ)」のNAOMIさんの手にゆだねることに。

◆プロからの提案
広がるダメージ毛には低温パーマで、まとまりと動きを。

「フロントに行くほど短くなる『前上がり』にカット、長め前髪とのバランスを調整しつつ、ふんわりしやすい髪型に」

毛先はダメージレスの低温デジタルパーマでランダムなカールを作り、ツヤを感じさせる束感を演出しているという。さらにカラーリングにもひと工夫。
「ベリーピンクの髪色は女性らしさとツヤを演出して一石二鳥です」
NAOMIさんが女性ならではの感性で、バランスのよい華やかヘアを提案してくれた。

最終更新:5/2(火) 16:48
OurAge