ここから本文です

「出ていけ」「日本に戻れ」「移籍して」 凡ミスで戦犯の長友にインテルファンが激怒

5/2(火) 7:30配信

Football ZONE web

ツイッターで前向きさをアピールするも…怒りのメッセージが寄せられる

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間30日の強豪ナポリ戦で3戦連続スタメン出場を果たしたが、衝撃的な凡ミスで決勝ゴールを献上。0-1での敗戦を招く戦犯となり、ステファノ・ピオリ監督や地元メディアから断罪された一方、長友は自身のツイッターで「俺はまだまだ強くなれる」と日本語でつぶやき前向きさをアピールした。しかし、インテルファンから「出ていけ」と怒りのメッセージが寄せられている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 インテル在籍最古参となった長友は、前半43分にチームの足を引っ張ってしまった。右サイドから上げられたクロスをファーサイドの長友がフリーな状態でカバー。長友はこれをクリアしようとしたが、よもやのキックミス。ミートできずに背後の相手FWホセ・マリア・カジェホンにパスする形となった。これを難なく決められると、長友は仰け反って悔しさを露わにした。長友の失態がチームの黒星を呼び、インテルは強豪相手に敗れてしまった。

 ピオリ監督は試合後「我々はナポリがタフな相手だと分かって。最大の正確さが求められていた。我々は一つの酷いミスを犯した。これで試合はより厳しいものになってしまった」と激怒。地元メディアも「重大過ぎるミス」「衝撃的な穴」と断罪したが、雑草魂の持ち主は前向きだった。

「ナポリ戦自分のミスで負けた。これがサッカー。1つのミスで勝敗が決まる。転んだら立ち上がればいい。俺はまだまだ強くなれる」

 自身のツイッターでこうつぶやき、名誉挽回への決意表明に出た。しかし、インテルファンは試合を台無しにしたミスに憤怒し、厳しい言葉が並んだ。

擁護の声なく「価値のない空き瓶は…」

「もう一回言わせてほしい。価値のない空き瓶はどこかに行ってほしい」
「(インテルから)出ていかなければいけない。そして、チキンでも料理して」
「これで分かったと思うぞ。クソヤロウ」
「もう十分だ。お願いだよ」
「出ていけ!! 出ていけ!」
「君のミスで負けるのはこれが初めてではない。どこかに移籍してほしい」
「日本に戻ってくれ」

 イタリア語で非情なメッセージが長友のツイートの返信欄には次々に記されていた。インテル愛を常々表明している長友だが、擁護や支持する現地サポーターの声はなかった。

 ピオリ監督から3試合連続で先発に抜擢され、信頼を回復し始めていたところで痛恨のミスとなった長友だが、不屈の闘志でこの苦境を脱出できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/2(火) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新