ここから本文です

患者の世界にも「インフルエンサー」

5/2(火) 12:20配信

WIRED.jp

医療の販促プラットフォームはコミュニティに浸透するか

ネット上には、さまざまな病気の患者たちによってつくられたコミュニティが数多く存在する。WEGO Healthは、こうしたコミュニティに製薬会社や医療機器メーカー、病院、保険会社などがアクセスできるプラットフォームを開設し、患者たちに影響力のある「インフルエンサー」を活用し始めた。

患者の世界にも【インフルエンサー】

バービー・イングルは、慢性的な痛みを抱えて生きることについてなら、何でも人に教えられる。きっかけは15年前、ワシントン州立大学の職場にクルマで向かっているときのことだった。1台のヴァンが彼女のクルマに激突し、シートに座っていた体重約41kgの彼女の体をねじ曲げた。医師はむち打ちの診断を下し、頸椎カラーを装着させて彼女を帰宅させた。ところが状態は悪化する一方で、痛みは一気に彼女の体中に広がっていった。42人もの医師が彼女の苦痛の原因を見つけようとしたが、ダメだった。

7年後、ある専門医が彼女の痛みの原因をようやく特定した。複合性局所疼痛症候群(CRPS)とも呼ばれる、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)だった。その後行われた注入療法により、彼女は車椅子から解放され、再び歩けるようになった。そして、イングルは自身の体験を人と共有するようになったのだ──最初はブログで、次は本で、そしてその次はソーシャルメディアで。いまや彼女のTwitterフォロワー数は2万6,000人を超えている。

彼女のフォロワーたちはみな、保険の契約や慢性痛との付き合い方、そしておそらく何よりも希望をもちつづけることについてのアドヴァイスを彼女に求めている。彼女自身も驚くことに、いまやイングルはちょっとしたオンラインセレブ、より正確な言い方をするなら「ペイシェント(患者)インフルエンサー」になっているのだ。

SnapchatやInstagram、YouTubeにインフルエンサーがいるように、患者の世界にもインフルエンサーはいる。慢性疾患は、ミームやハッシュタグが溢れるオンライン世界をひとつの勢力として占有している。自分たちには発言する場がないと常々感じている患者たちのコミュニティに向けて、インフルエンサーたちは#hospitalglamのようなハッシュタグを付けて情報や洞察を提供している。そして、ますます多くの企業がペイシェントインフルエンサーを雇うようになっている。患者たちにリーチし、彼らを理解し、そしてもちろん、彼らに製品を売るためだ。

1/4ページ

最終更新:5/2(火) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。