ここから本文です

新生児が感じている「痛みの強さ」を正確に測ることはできるか?

5/2(火) 12:30配信

WIRED.jp

痛みを和らげるために投与される麻酔薬や鎮静剤は、使いすぎると悪影響をもたらす可能性がある。では痛いことを言葉で伝えられない新生児には、どの程度の麻酔を使えばいいのだろうか? 新生児がどのくらいの痛みを感じているかを測定する研究が、世界中で進められている。

かゆいところを掻くともっとかゆくなるのは、なぜか?

子どもが早産で生まれた場合、最初の数カ月間は痛みと慌ただしさばかりになりがちだ。医師たちは、必要があれば呼吸チューブをつけ、幼い臓器の成長に合わせて繰り返し手術を行わなければならない。

こうした病院での体験につきもののある要素が、1980年代まではなかった。それは鎮痛剤と麻酔だ。かつては麻痺薬の投与のみで、未熟児に心臓手術が行われることもあった。当時の医師は、新生児は痛みを感じることも、それを覚えていることもないと考えていたからだ。

この医療慣行が覆ったのは80年代後半、痛みの生理学的痕跡を示す膨大な量の証拠をまとめた論文が発表されたあとのことだった。今日では未熟児に対しても、ほかの患者と同じように麻酔薬やオピオイド(アヘン類縁物質)が投与されるようになった。

赤ちゃんはいつ、どのくらい痛みを感じているのか?

ところが、ここにきて事態は複雑になった。米食品医薬品局(FDA)が2016年12月、幼い子どもへの麻酔薬の使用に対して新たな警告を発したのだ。「3歳未満の子どもに手術・治療を行う際、全身麻酔薬や鎮静剤を繰り返し、または長期的に使用した場合、脳の発育に影響を及ぼす恐れがある」という内容である。

この発表に、一部の臨床医は唖然とした。麻酔薬のケタミンや、鎮静催眠薬のペントバルビタールなどの薬剤は、複数回あるいは長期の使用によって脳細胞の死滅を引き起こしうるという懸念がある一方で、ヒトを対象とした研究の多くは決定打を欠いていたからだ。また最近行われた2つの臨床試験では、麻酔薬を1度だけ投与された幼い子どもに、異常はまったく見られないことも示されている。

それに、動物とヒトを対象とする複数の研究によって、新生児の痛みに対する措置を施さない場合、のちにそれが障害の原因となる恐れがあることも示されている。カナダとフランス、オランダの各病院で行われた大規模な研究によると、NICU(新生児集中治療室)に入れられた未熟児は、生後2週間の間に痛みを伴う治療を1日に平均14回受けていることがわかった。

「痛みに対する措置を施さないまま放置すると、脳の発育に変化を及ぼすことがわかっています」とフィラデルフィア小児病院の麻酔科医、リン・マクスウェルは語る。「そのためわれわれは、痛みがもたらす悪影響を防ぐための薬剤を開発してきました。いまになって、そうした薬が実は障害の原因になりうることがわかるとは、本当に恐ろしいです」

臨床医も、麻酔薬の使用は今後も乳幼児に対する疼痛管理の一角を占めるという点に同意する。そこでいま、麻酔薬のリスクのバランスを取ろうと努める医師たちには、いっそう大きな課題が与えられることになった。乳幼児がいつ痛みを感じているのか、その痛みはどれぐらい大きいのかを正確に把握するという課題だ。

1/3ページ

最終更新:5/2(火) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。