ここから本文です

『笑ゥせぇるすまんNEW』第5夜『ちびまる子ちゃん』『北斗の拳』の名優を痛めつけた喪黒福造

5/2(火) 16:00配信

おたぽる

───『笑ゥせぇるすまん』放送当時に生まれた山川悠だ。北斗の拳が好きな俺が『笑ゥせぇるすまんNEW』(TOKYO MX)を毎回レビューをしていくぜ。

 前半の話は、月曜日の朝の憂鬱さにフォーカスした話。


■日曜クラブ

1、主人公
 内名木洋介58歳、サラリーマン

2、境遇
 妻にはこき使われ、職場では上司にどやされる毎日。日曜の夕方くらいから寂しくなって月曜の朝起きるのが辛いと思っている。休み明けはよく会社に遅刻する。

3、喪黒さんがわたしたもの
「日曜クラブ」。日曜日の気分を味わえる会員制クラブ。初回無料。温かい日差しのある部屋で昼間からビール飲んだり、テレビ見たりダラダラできる。喪黒さんの出した条件は、利用回数は月に一回に抑えること。

4、結果
 家庭、職場ともに居心地の悪さがピークを迎えた内名木。約束を破り利用回数を超えて日曜クラブに入ったため、喪黒さんに永久会員にされた。椅子にもたれかかってぐったりしていた。

5、旧作データ
 アニメ第73話 1991年10月29日放送
 中公文庫コミック第2巻収録


■捨てちゃう女

1、主人公
 物餅富美恵38歳、専業主婦

2、境遇
 鉄道模型を部屋いっぱいに飾る夫と、塾のテストの表彰状やトロフィーを度々持ってくる息子を持つ。もうスペースがないので、物を増やしたくないと思っている。

3、喪黒さんが提供したもの
 グレートリッジヒルズの住人・鴨野を紹介してくれる。鴨野が話した断捨離の精神にすっかり心酔してしまった富美恵は、物を捨てる快感に目覚めていく。

4、結果
 家の物を捨てるのがやめられなくなった富美恵は、夫婦の思い出の品、家族写真など手当たり次第に捨て始める。うつろな表情をしながら、家の庭で、要らない物を焼き払う彼女に、家族は困りはてていた。

5、旧作データ
 アニメオリジナル


■内名木の声優を務めた青野武と千葉繁

 旧アニメの内名木の声優は青野武。かつて『ちびまるこちゃん』(フジテレビ系)のさくら友蔵の声を務めていた(2代目。1995年10月1日-2010年6月20日)。
 『ちびまる子ちゃん』と言えばサザエさん同様、明日が辛くなる日曜アニメ。01年から03年のエンディングでは、日曜が終わる切なさを歌った曲「休日の歌」が流れていた。
 月曜朝の憂鬱さを表した「日曜クラブ」には、青野武はピッタリのキャスティングに思える。

 NEW内名木の声優を務めるのは、千葉繁。『北斗の拳』(フジテレビ系)では、回を重ねるにつれて、ハイテンションになっていく次回予告と、雑魚敵の断末魔で、番組を盛り上げた。


 カ、カネガナイヨオーーーー!!
 オ、オレモダーーーー!!

 オ、オレドクシンノママシヌナンテ……イヤダッ!!

みたいなことを叫んだあと、破裂して死んでいくモヒカン頭たちの役である。


■千葉の演じる内名木から感じ取れた世紀末モヒカン感

『日曜クラブ』を新旧アニメで比較してみると、NEW内名木の方が肉体的ダメージを多く受ける機会が多く、苦悶の声も多い。
 旧内名木がダメージを受けたのは4回。全部喪黒さんに足を踏んづけられて痛がってるパターンである。
 NEW内名木は5回のダメージシーン。喪黒さんに3度足を踏まれたほか、日曜クラブの入り口で頭をぶつけたり、不良にトイレに連れ込まれてボコられたりするシーンが追加されていた。

 無理やり文字に起こしてみると


 イタァァアアッ(1度目の足踏まれ)
 イタッ(2度目)
 グウウァッ(シャッターに頭ぶつける)
 アイタッ(3度目に足踏まれ)
 ウガッオワッグアァアアッ(駅の便所でヤンキーにボコられる)

みたいな感じ。

 公式サイトでは、各話主人公の声優のコメントが載せられている。千葉は『いつも声帯から血を滲ませないと仕事をした気がしないんですが、普通の芝居も出来るんだぞ!というアピールもできたと自画自賛な私です!( ^ω^)』という感想を発表していた。北斗の拳の雑魚敵と比べてみると、内名木には悲壮感がある。

 ただ、日曜クラブの料理を見て「ウヒョーッ」って言ったり、日曜クラブ従業員のかずこさんに「もっとビール持ってきてよぉんかずこぉん」ってねだったりしていた部分からは、世紀末モヒカンの面影が見えた。そんな内名木に「ドーン!」した喪黒さんは、ポジション的にケンシロウに近い。

(文/山川悠)

最終更新:5/16(火) 17:27
おたぽる