ここから本文です

キムタク主演『無限の住人』はまさかの6位発進! 『美女と野獣』が2週連続で首位に【週末映画興行収入】

5/2(火) 23:00配信

おたぽる

 4月29、30日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 まずは色々な意味で注目されていたキムタクこと木村拓哉主演の『無限の住人』だが、土日2日間で動員約14万5,000人、興収約1億8,900万円で6位と苦しいスタートとなった。公開館数や同時に上映されている作品などに違いがあるので、単純には比較できないが、キムタクの直近の主演映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)の初週末は、動員約41万2,100人、興収約9億4,400万円で首位を獲得したことを考えると、やはり寂しい数字。

 ただ、Yahoo!の映画レビューは3.80点(2日現在、評価数は約1,400件)と、さほど“爆死!”という数字でもない。ざっとレビューを見てみると、キムタク、メガホンを取った三池崇史監督のファンからはそこそこ高い評価を受けているが、一方で原作ファン、三池監督作をあまり好きでない映画ファンからは酷評と、公開前の予想通りの状況となっている。

 褒めるにしてもけなすにしても、大抵のレビューはキムタクについて語られており、その存在感はさすがといわざるを得ないが、あれだけ宣伝であちこちのテレビ番組に出演したのにこの数字とは……。なおオタクサイト「おたぽる」としては、沙村広明が描く原作マンガはもちろん抜群に面白いことを声を大にして言いたいし、掲載誌であった「月刊アフタヌーン」(講談社)の17年5月号、6月号(3月25日、4月25日発売号)では、沙村広明の撮影現場ルポマンガ『映画むげにんロケ観覧記 京都タワワー』前・後編が掲載されており、「映画本体より面白いのでは?」というクオリティなので、一読をオススメしたい。

 さてランキングに戻ると、『美女と野獣』が土日2日間で動員68万3500人、興収11億2200万円をあげ、2週連続で1位を獲得。『美女と野獣』が強すぎるので目立たないかもしれないが、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』も長い『コナン』シリーズの歴代興収を2年連続で更新しようかという勢いで、2週連続で2位をキープ。すごーい!

 3位には大ヒットアクションシリーズの最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』、そして4位には古屋兎丸の同名マンガ(集英社)を原作とした『帝一の國』がランクイン!

 菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった、最近よく見るイケメン俳優たちが多く集まった話題作は土日2日間で動員約16万6,000人、興収約2億1,400万円をマークし、堂々『無限の住人』を上回った。原作者・古屋兎丸もこの結果を受け、ノリノリでTwitter(@usamarus2001)にてツイート、リツイートを重ねているので、原作ファンという方はチェックしてみよう。

 以下、『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』が粘りを見せて5位、そして7位以下は『SING/シング』(近日、スタッフインタビューを掲載予定!)、8位『3月のライオン 【後編】』、9位『モアナと伝説の海』、10位『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま -奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界-』(初ランクイン!)となっている。

 次週以降はランキングはどうなるのか、「ちょ、待てよ!」とばかりに『無限の住人』の逆襲はあるのか、引き続き注目を集めそうだ。

最終更新:5/2(火) 23:00
おたぽる