ここから本文です

驚きの契約内容!? バイエルンの19歳“至宝”、あと1試合出場で…

5/2(火) 12:00配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンは昨年夏、ベンフィカからポルトガル代表MFレナト・サンチェスを獲得したが、その契約の際に様々な付帯条項が設定されていたようだ。ポルトガル紙『Record』が報じている。

空前絶後のヘアスタイル! 元ナイジェリア代表DFウェスト、超絶怒涛の髪色5選

 記事によると、バイエルンはサンチェスが2016/17シーズンに25試合以上出場した場合、ベンフィカに500万(約6億円)ユーロを払う契約をしていたと伝えている。

 今季ここまで公式戦24試合に出場しているサンチェスは残り3試合となったリーグ戦で1試合でも出場した場合、バイエルンはその額を支払わなければならない。そのため、19歳のヤングスターが残りの試合に出場するかどうかは不透明だ。

 その他の付帯条項として、サンチェスとの契約が切れる2021年までに「FIFA年間ベストイレブン」に選ばれた場合、また「FIFAバロンドール」の最終選考の3人に選ばれた時点でそれぞれ2000万ユーロ(約24億円)を支払うことになっているようだ。

 なお、バイエルンはポルトガルの“至宝”と称されるサンチェスを獲得するにあたり3500万ユーロ(約42億円)を払っており、今後最大で4500万ユーロ(約54億円)を支払う可能性もあるようだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)