ここから本文です

CLで最も走っている選手は誰だ? 走行距離トップ10

5/2(火) 12:00配信

SOCCER DIGEST Web

驚異的なスタミナのスペイン人MFが1位に!

 セミファイナルを前にした今シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)で最も多く走っている選手は誰か? 紹介するのは、総走行距離のトップ10だ。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

 試合数の関係で準決勝進出を果たしている4チームが中心のランキングで1位に輝いたのは、抜群のスタミナで知られるアトレティコ・マドリーのコケ。878分間の出場時間で、実に120.2キロを走っている。90分換算では12.3キロを走る計算だ。
 
 2位は、コケの同僚アントワーヌ・グリエーズマン。ここまで5ゴールを挙げているストライカーは、守備を怠らない献身性が数字にも表われている。
 
 ハードワークが持ち味のアトレティコからはガビも4位に入り、トップ5のうち3人を占める結果となった。

 ベスト8敗退組では、3位のダニー・ドリンクウォーター(レスター)、5位のユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)、10位のチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)が好成績を残している。
 
 6位と9位にランクインしたのが、躍進するモナコを支える両ウイング、右のベルナルド・シウバと左のトマ・ルマールだ。ともに鋭いドリブルを駆使した突破力に定評があり、中盤でのプレッシングでも貢献している。
 
 7位のダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)は、DFでは唯一のトップテン入り。90分間休みなくサイドを上下動する右SBは、運動量が多いとは言えないチームの中で異彩を放っている。
 
準々決勝までのCL走行距離トップ10は以下の通り。
 
1位:コケ(アトレティコ・マドリー/MF)120.2キロメートル(出場878分)
 
2位:アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー/FW)111.3キロメートル(出場時間888分)
 
3位:ダニー・ドリンクウォーター(レスター/MF)107.4キロメートル(出場時間886分)
 
4位:ガビ(アトレティコ・マドリー/MF)106.7キロメートル(出場時間810分)
 
5位:ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント/MF)103.4キロメートル(出場時間799分)
 
6位:ベルナルド・シウバ(モナコ/MF)100.9キロメートル(出場時間771分)
 
7位:ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー/DF)99.8キロメートル(出場時間840分)
 
8位:サミ・ケディラ(ユベントス/MF)98.8キロメートル(出場時間795分)
 
9位:トマ・ルマール(モナコ/MF)97.9キロメートル(出場時間807分)
 
10位:チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/MF)97.4キロメートル(出場時間786分)
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:5/2(火) 12:01
SOCCER DIGEST Web