ここから本文です

IQや才能よりも大切なのは「脳の筋力」! 茂木健一郎が教える、やり抜く脳の鍛え方

5/2(火) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 脳科学者・茂木健一郎が提唱する“新たな脳の鍛え方”を紹介した、『IQも才能もぶっとばせ! やり抜く脳の鍛え方』が2017年4月20日(木)に発売された。

 春は新しいスタートの時期。やることなすことが初めてで、何かとうまくいかないことが多いもの。「あいつは才能があるからいいよな」「生まれつき頭がいい奴には、かなうわけないよ」「自分にも特別な才能があれば」―こんなふうに、人は自らの能力の限界を感じ、無限に広がる可能性をあきらめてしまいがち。しかし、著者・茂木はそんな考えに「ノー!」を突きつける。

 茂木によると、生まれつき特別な才能に恵まれていないからといって悲観する必要はなく、脳の中の「ある要素」を鍛えればいいだけだという。それは“脳の筋力”とされる「やり抜く脳」。これを鍛えることによって、IQや才能に自信がない人でも成功にグッと近づく。同書では、その具体的なヒントを3つ紹介している。

1. 深化したいなら「T字型人間」になれ!
 物事を深く考え、掘り下げていく行為の裏には、その思考を支える幅広い知識見識が求められる。ちょうど画びょうのように、垂直に降りていく思考という1本の針があり、そこを支える広い平面が知識見識という具合。茂木は、このように縦と横の両方のベクトルで物事をやり抜いていける人のことを「T字型人間」と呼んでいる。

 何かをやり抜くためには、ただ井戸を掘るように前に進むだけではなく、さまざまな多様性を探りながら、脳のバランスを取っていかなければならない。このT字型人間になることが、物事をやり抜いて大きな結果を出すためには効果的だという。

2. ストップウォッチを味方につけろ!
 勉強が苦手な子に茂木が強く推奨しているのが「ストップウォッチ勉強法」。これはストップウォッチを使って、たった5分だけ苦手な勉強に挑戦してみるというもの。5分経ったらやめてもいいのだと知ると、子どもたちはやる気になる。時間を区切って、「やる・やめる」「やる・やめる」を繰り返すうちにだんだん持続力がつき、最後にはその内容も理解できるようになっていく。

1/2ページ