ここから本文です

【ウォーカープラス×サッカーキング・コラボ企画】今年のGWはサッカー観戦が実に面白い

5/3(水) 8:00配信

東京ウォーカー

“本格的”なGWがいよいよスタート。日に日に暖かくなり、スポーツ観戦にも最適なこの季節、ということで、今回、ウォーカープラスでは日本最大級のサッカーポータルサイト『サッカーキング』編集部に聞いてみました。

【写真を見る】イケメン選手の多いセレッソ大阪

「今年のGWはどんな試合が注目なの?」

■ 5月3日 ルヴァンカップ FC東京vsコンサドーレ札幌 @味の素スタジアム 15時キックオフ

J1リーグと比較して注目度のなかなか上がらないルヴァンカップですが、ゴールデンウイークに組まれたこのカードに、世間の注目が集まっています。その理由はFC東京所属のU-20日本代表・久保建英の存在。

現在15歳の久保は、世界で指折りのビッグクラブであるバルセロナの育成組織でかつてプレー。その将来を嘱望されていました。国際ルールの関係もあり、日本に帰国してFC東京でプレーしています。その才能はすでに知られるところであり、今は“飛び級”でFC東京の23歳以下の選手中心で構成されるチームで主にプレー。20歳以下の日本代表にも招集され、5月下旬に韓国で開催されるU-20ワールドカップへの出場も期待されています。

その久保は先日、J3リーグ(国内3部リーグ)を戦うFC東京U-23の試合で公式戦初得点を記録。着実にキャリアを積み重ねていますが、3日に開催されるルヴァンカップの北海道コンサドーレ札幌戦で、ついにトップチームでデビューするのでは!? と報じられています。2020年の東京オリンピックに向けても、今のうちにその姿を直接確認しておいて、損は無し!

■ 5月3日 J2リーグ第11節 名古屋グランパスvs京都サンガF.C. @豊田スタジアム 15時キックオフ

日本代表の中心選手として長く活躍した田中マルクス闘莉王は、2010年から名古屋グランパスでプレーし、2015年末に退団。昨季途中にJ1で不調にあえぐチームを救うべく、再加入しましたが、チームは残念ながら2部に降格してしまいました。

闘莉王自身は名古屋に残り、1部昇格への貢献に意欲を見せていましたが、チームは体制の変更もあって、闘莉王と契約を延長せず。チームの姿勢に苦言を呈して退団した闘莉王は、今季、2010年以来のJ1復帰を目指す京都サンガへと加入しました。

その闘莉王、現在はリーグ戦で3試合連続得点中と、FWでの起用に応えて絶好調で、序盤苦しんだチームも現在、調子は上向きです。対する名古屋は戦力がJ2でも屈指。周囲からの期待にも応えて、リーグ戦で2位につけています。

闘莉王や同じく昨年まで名古屋でプレーしていた小屋松知哉らは古巣・豊田スタジアムでのプレーに、闘志みなぎるシチュエーションとなり、周囲を沸かせてくれること、請け合いです。

ホームの名古屋側はGWということで、様々なイベントを開催します。まず『グランパスワンダーランド~ファミリーでひとつになる幸せ』を実施。こちらは小中学生限定で先着1万人が無料で招待されるというもので、休みを利用しての親子での来場を呼び掛けています。

子ども向けイベントはそれ以外にも充実。ランニングバイク体験会やはたらく車試乗会、謎解きイベント、段ボール迷路、キックターゲット、ミニ四駆のコースなどなど。たくさんのイベントがキックオフ前に行われ、地域・自治体の協力も得て、満員になることを目指しています。

■ 5月4日 J1リーグ第10節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ @埼玉スタジアム2002 14時キックオフ

昨季の年間勝ち点1位だった浦和レッズ。その浦和を年末に開催されたチャンピオンシップで倒して年間王者となった鹿島アントラーズ。強豪同士の注目の一戦となります。

昨年の雪辱を果たしたい浦和は現在リーグ戦で首位を快走。アジアでの王者を決める大会・AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも決勝トーナメント進出を決め、直近の“さいたまダービー”では敗れたものの、好調を維持しています。対する鹿島はオフに大型補強を敢行。現在は浦和と同じくACL決勝トーナメント進出を果たし、リーグ戦では浦和と勝ち点1差の3位。GWでの首位浮上を狙います。

その鹿島、試合前日の3日にはGWの特別イベントを開催します。選手の参加はありませんが、ホームのカシマスタジアムを使用して、なんと脱出イベント『ゾンビスタジアム』を実施。タイトーとの共同イベントで、スタジアムのいろいろな場所をめぐり、ゾンビから逃げながら、謎を解いていくというもの。ゲストとして鹿島OB選手も登場するとのことで、思わぬ姿のあの選手に出くわすことをあるかも?

浦和側も試合当日は『ファミリーJoinデー』と称して、イベントを開催。来場者全員へのトートバックプレゼントやスタンプラリー、フェイスペイントサービス、親子サッカーなどが実施されます。注目の一戦だけあり、チケットは完売。スタジアムに行く方はぜひ楽しんでください。

■ 5月5日 J1リーグ第10節 川崎フロンターレvsアルビレックス新潟 @等々力陸上競技場 15時キックオフ

試合がない日の広報活動や、試合日に実施する様々なイベントで楽しませてくれる川崎フロンターレのホームゲームがGWに開催。いろいろな催しがこの日もスタジアム周辺で行われます。

まずは地元・高津区にある福田牧場、森養豚場、幸区の夢見ヶ崎動物公園の協力の下に実施される『フロンターレ牧場』。今年でアニメのテレビ放送から40周年を迎えている『あらいぐまラスカル』ともコラボし、撮影会やグッズの販売が実施されます。また、牛の乳しぼり体験やポニーの乗馬など、動物と触れ合う体験もできます。

イベント広場“フロンパーク”の飲食店は変わらぬ充実ぶり。新潟を『食う』べく、新潟名物の「たれかつ丼」や、フロンパークおなじみの大相撲・春日山部屋プレゼンツの「かわさき塩ちゃんこ」、新百合ヶ丘メゾンYuki.の「カレーパン」、川崎と契約するDoleの「バナナチョコパフェ」などなど。

子どものための遊戯施設や川崎出身の人気バンド『SHISHAMO』とコラボしたTシャツの再販売など、楽しめる要素が盛りだくさん。試合と合わせて満喫してみてください。

■ 5月6日 J1リーグ第10節 柏レイソルvsセレッソ大阪 @日立柏サッカー場 14時キックオフ

柏レイソル対セレッソ大阪は、「サッカーに関心はあったけど、スタジアムには行ったことのない女性」に向けて特におすすめしたいカードです。

まず、両チームに“イケメン選手”が多いこと。柏には大津祐樹や伊東純也、中谷進之介、中村航輔など人材豊富。今季からは元日本代表の細貝萌も加入し、その陣容に“厚み”が加わりました。一方のC大阪は柿谷曜一朗、山口蛍、清武弘嗣と日本でも屈指の人気選手を抱え、杉本健勇や好調の山村和也といった選手たちもいます。

また、柏は黄色、C大阪はピンクがそれぞれのチームカラーで、華やかなカラーリングのアイテムをつけることもおすすめポイント。会場となる柏サッカー場は専用スタジアムのため、ピッチとの距離も近くて臨場感を味わえるため、サッカーにハマれる要素が多数です。

■ 5月7日 J1リーグ第10節 サガン鳥栖vs横浜F・マリノス @ベストアメニティスタジアム 17時キックオフ

こちらは鳥栖が『レディースデー』と銘打ち、特に女性や子どもの来場を呼び掛けています。

『レディースデー』とは、女性に人気のサガンピンクをメインカラーにした記念ユニフォームを選手が当日限定で着用し、同カラーデザインのユニフォームを来場者全員に配布するというもので、昨年も実施している好評企画。

鳥栖は今年、チームの『勝利の女神』に倖田來未さんが就任。横浜F・マリノスとの試合にも来場して、鳥栖オフィシャルソング『Bring It On』をパフォーマンスする予定だけでなく、コラボグッズの販売もあり、選手着用と来場者プレゼントの記念ユニフォームのカラーデザイン監修も手掛けています。

注目試合が目白押し、中には試合以外にイベントが楽しめるカードもある。サッカーキング編集部がレコメンドしてくれた「今年のGWのJリーグ注目試合」。ぜひスタジアムに足を運んでみよう!【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】

最終更新:5/3(水) 10:15
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。