ここから本文です

【ドライブコース編】次々に咲く春の花の庭! 道央・由仁の花名所旅

5/3(水) 11:00配信

東京ウォーカー

春から初夏にかけて季節ごとに様々な花を楽しめる、道央・長沼町にある東庭園と、由仁町のゆにガーデンは、いつ行っても違う魅力が発見できそう! 札幌市街地から車で1時間とアクセスが便利なのも魅力ですね。そのまま春の苫小牧の港まで行って海の幸を存分に楽しんだら、帰りに温泉で疲れを癒やすのがおすすめです。【トータル(札幌出発/往復)8時間/移動時間:4時間】

ゆにガーデン

(最初のスポットまで札幌駅より車で1時間)

■ 「東庭園」【所要時間:40分】日本庭園で、花鳥風月を楽しむ

四季折々、日本の風情が楽しめる日本庭園。故・東重次郎氏の手によって1896(明治29)年に開設されたもので、約1万2000平方メートルの敷地内に植えられた400種を超える色とりどりの樹木や草花が、季節ごとに観る者を楽しませています。2013年には日本造園学会から「北の造園遺産」にも認定されるなど、高い評価を獲得。今期(2017年)のオープンは4/29(祝)で、11/3(祝)まで観賞できます。

■住所:長沼町東6-北3 10123・88・0700(マオイオートランド) ■営業時間:9:00 ~ 16:30 ■休み:月(祝日の場合は翌日)、11/4(土)~翌4/28( 土)まで閉園 ■料金:無料 

(次のスポットまで車で10分)

■ 「ゆにガーデン」【所要時間:1時間半】英国庭園に咲く、春の主役に注目

英国風の庭園をテーマに、四季折々の花々で楽しませてくれる人気のガーデンが、今年は4/22(土)に開園! オープン時に園内を彩るのは、スノードロップ、クリスマスローズ、クロッカスなど。6月に102万本を超えるリナリアが咲き乱れるまで、花のリレーが続きます。また、ショップではオリジナルのハーブティーやハーブクッキーなどを販売。4月下旬~6月頃です。

■住所:由仁町伏見134-2 ■電話番号:0123・82・2001 ■営業時間:10:00~ 17:00※土日祝は9:00 ~ ■休み:期間中なし ■料金:大人310、65歳以上210、小学生110(4/22土~ 5/31水、10/1日~10/22日)、大人620、65歳以上420、小学生300(6/1木~9/30土)

(次のスポットまで車で1時間10分)

■ 「北の海鮮丼どんぶり屋 わがまま丼 苫小牧食堂」【所要時間:50分】好きなものだけを乗せる海鮮丼

店頭に常時並んでいるネタは、地元・苫小牧をメインに近海で水揚げされた10種類。その中からお好みで3品、もしくは4品のネタを選び、自分好みにアレンジできるというのが「わがまま丼」の魅力! 丼も大小2種類が用意されており、その日の食欲と相談しながらチョイスできます。写真はAタイプの丼にホッキ、カニ、イクラの3品をチョイスしたもの(1728円)。ぷらっとみなと市場内にあるので、帰りにお土産を見ていくのもいいですね。

■住所:苫小牧市港町2-2-5 ぷらっとみなと市場内 ■電話番号:0144・32・6110 ■営業時間:7:00~16:00(1~3月は9:00~ ) ■休み:水 ■席数:23席

(次のスポットまで車で50分)

■ 「恵庭温泉 ラ・フォーレ」【所要時間:1時間】モール温泉で心も体もスベスベに

内風呂はジェットバス、バイブラバス、打たせ湯など湯船が多彩で、露天風呂は美肌効果バツグンのモール温泉。レストランや休憩スペースも充実し、地元の方々に愛される温泉施設になっています。ふらっと立ち寄りたい人のために「手ぶらセット」(タオル、石けん、シャンプー、リンス)250円もあり、とても便利です。

■住所:恵庭市恵南4-1 ■電話番号:0123・32・4171 ■営業時間:11:00 ~ 23:00 ■休み:なし ■料金:大人400、小学生140、未就学児無料 

(札幌駅まで車で50分)

札幌から日帰りでも十分楽しめるのも魅力ですね。桜の季節が終わってもまだまだ楽しめるこのコース、是非訪れてみてください!

【北海道Walker編集部】

最終更新:5/3(水) 11:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。